ニュース

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE「THE RIOT」インタビュー

Ph1_group_main

10月30日(水)に2ndアルバムをリリースしたTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE。ボーカルのRIKU、吉野北人、パフォーマーの神谷健太、浦川翔平、長谷川慎、後藤拓磨による座談会を実施! 現在発売中の月刊TVfan12月号の誌面に掲載しきれなかったインタビューをTVfanWEBで一挙公開!

誌面で紹介している「メンバーの気になるところ」についての調査結果も掲載しているのでお見逃しなく。

サイン入り色紙&ポラのプレゼントもあります。たくさんのご応募お待ちしています!

 

Q アルバムタイトル「THE RIOT」にちなんで、座談会メンバーのThat’s a RIOT!(カッコいい、すごいなと思う)なところを教えてください。

【神谷健太→後藤拓磨】

神谷 たっくん(後藤)は最年少なんですけど、すごく周りを見て配慮していて。ファッションに関してもいつも新鮮な情報を取り入れて、みんなにもその情報をくれるんです。自分たちのチームのヒップホップっていうものを身を削って提示してくれてるのかなってすごく思いますね。それはThat’s a RIOT!だと思います。

後藤 身は削ってないですよ(笑)。

神谷 ふっ(笑)。

浦川 ありのままを見せてるんだ?

後藤 ありのままです!

神谷 すぐ服買っちゃうんだから…(笑)。

後藤 買っちゃうんですよね〜(笑)。

【後藤拓磨→長谷川慎】

後藤 まこっちゃん(長谷川)は、何やってもまこっちゃんっていうか。なんでも自分のものにしちゃうんです。やっぱりそこは尊敬すべきところっていうのがあります。

長谷川 ありがとうございます!(ニコニコ)

後藤 あとは好きなことへの追求心がすごい。彼自身、無理矢理探っているとかじゃなくて、好き過ぎて気がついたら調べてるみたいなちょっとオタク気質なところもあるんですけど。そういうところは結構That’s a RIOTって感じです。自分をしっかり持ってるし、いい意味で自分を曲げないところもまこっちゃんの魅力だと思うんで。彼は非常に魅力が詰まった男だなと。

長谷川 おー!!うれしい~!

【長谷川慎→浦川翔平】

長谷川 (浦川を見て)ないなー(笑)。

浦川 Come on man〜!

長谷川 そうですね、彼は…ふふふ(笑)。

浦川 彼は~って(笑)。一応先輩だからな~。

長谷川 (笑)。翔平さんはRAMPAGEのムードメーカーでもあるんですけど、ムードメーカーってやりたくてもできるわけじゃないんですよね。ただふざけてるだけじゃ務まらないと思うんですよ。状況をしっかり把握した上で何かすることによって場が良くなる。空気を読まずにふざけたりしたら、ただのあぶない奴になるじゃないですか。でも翔平さんはそこをちゃんと理解している。本当に空間把握能力が高い人なんだと思います。ここぞっていう時にちゃんと盛り上げてくれるんです。

浦川 (すごくうれしそうな顔で)今度タピオカおごってやるよ~!!

吉野 ふふ(笑)。

神谷 ははは(笑)。

長谷川 こう見えて結構しっかりしてて、後輩思いで…先輩からも後輩からも好かれていて、誰からも愛される“いい奴”です。

浦川 おい、最後! ありがとうね。

【浦川翔平→吉野北人】

浦川 北人さんのThat’s a RIOT!ですよね。

吉野 うん、聞かせて?(笑)

浦川 これはもうファンの方はすごく感じていることだと思うんですけど。私もライブの映像とかをいちファン目線で見た時、やっぱりボーカルお三方それぞれの色があるんですけど、北人さんは見せ方がうまいといいますか。

吉野 お!

浦川 歌っている時の仕草だったり、顔だったり…(吉野さんの真似をしながら)。

吉野 真似しないでいいから(笑)。

浦川 この顎のラインとか…この流し目だったりとか。

吉野 そこは別に良くない?

RIKU ピンポイントだな!

浦川 僕も歌が大好きだから、カラオケとかでやろうとするけどできないのよ。

――カラオケで吉野さんの真似をしているのですか?

吉野 やってるの? 本当に?

浦川 いやっ…ふはは(笑)。

長谷川 あれ?

浦川 鏡見ながらマイク持って、どういう持ち方がカッコいいんだろうな~みたいな…!

後藤 あれ、もしかして意識してます!?(笑)

神谷 してるね。

浦川 なかなかならないですよね、北人さんには。5年間でここまでなるかっていう。上から目線じゃなくて、本当にその成長がすごいなと思いますし、MVとか見たらすごくわかりやすいんですよね。歌っている時の仕草だったり表現の仕方っていうのがThat’s a RIOTだなと。

吉野 …と?

浦川 と!?

吉野 …はい、大丈夫です。

浦川 ははは! 見逃してくれた、優しい~!

神谷 タピオカだ(笑)。

浦川 タピオカおごります!

吉野 ふふ(笑)。

【吉野北人→RIKU】

吉野 RIKUさんはとにかくすごくストイックです。人間ってこんなにやれるんだっていうくらいに。

浦川 はははは! 人間じゃない?

後藤 超えちゃってるんですね。

神谷 人間じゃないのかも。

吉野 いつ休んでるんだろうっていうくらい。

長谷川 確かに。

吉野 毎日トレーニングしていたり、何事に対してもストイックで。音楽に対してもそうですし、本当にストイック過ぎて。人間じゃないなって(笑)。

RIKU ははは(笑)。

吉野 きっと自分だからこそ自分に厳しいというか。自分に甘えないところがすごいなって思います。トレーニングにしても歌にしても、目的があってやっているんですけど。目標に対しての姿勢の貫き方がすごく男らしくて。普通じゃこんなに続けられないし、こんなストイックにできないのですごく尊敬できます。

――寝る間も惜しんで打ち込むタイプですか?

RIKU そうですね。「THROW YA FIST」ツアーでピアノを弾くことがあったんですけど、あれは徹夜で練習して。先生もつけずに全て独学で挑んだんです。自分からピアノ演奏をやりたいってメンバーに言ったものの、クオリティー低いんじゃ話になんないから、たくさん練習してメンバーに見せました。いいねって言ってもらえてようやくできたんですけど。うん…、北人ありがとう。

【RIKU→神谷健太】

RIKU 自分が17歳、健太が16歳の時に出会って、メンバーの中でも健太とはかなり付き合いが長くて。昔から変わらないのは、彼には自分の美学が強くあるということです。決して悪い意味ではなくて、何かを表現する時に健太は心の底からナルシストになれるんですよ。これって普通はできないことだと僕は思っていて。ここまで自分の世界を細かく具体的に持って、それをパフォーマンスにした時にしっかり表現できるのって、プロフェッショナルじゃないとできないことなんですよね。そこはカッコいいなって素直に思います。健太のダンスって、何が出てくるのかわからないんで。ツアーの時も毎回違ったし、ソロダンスの時なんかは気になってモニター越しに見ちゃったりして。ずっと一緒にいるのにそう思わせる彼の表現力っていうのは、また絶対見に来たいとお客さんに思わせるパワーがあると思います。健太はTHE RAMPAGEや自分のビジョンをちゃんと持っているので、そのために今何をすべきなのかということを、自分の中で順序つけてしっかりコツコツ努力できる人。そこがカッコいいなって思います。That’s a RIOT!

神谷 Thank you!

RIKU Thank you man〜!

 

Q アルバムのオススメポイント&今年のイベントを振り返って

――アルバムリード曲「Move the World」のオススメポイントを教えてください。

RIKU 聴きどころというと、この1曲の中にいろんな音楽の要素が入っていることですね。レゲエやラテンもそうですし、R&Bの要素も結構入っています。この1曲の中でいろんな音楽を感じていただけるんじゃないかなと思います。歌詞の中にもある「We can move the world」という言葉は、結成5年を経た今だからこそ言える言葉だろうし、そういった部分で僕たちがこれからさらに進化して行くためのきっかけになる楽曲だと思っています。そういった思いと熱量を感じていただけたら、よりこの曲をいろんな角度から楽しめるんじゃないかなと思います。

吉野 すごく覚悟を感じさせるリリックだったりとか、ネクストステージに行くぞっていう決意も込められた歌になっているので、この楽曲からまた新たなRAMPAGEを作って行くんだという思いがこもっている楽曲です。今回は音サビもあって、そこもかなりカッコよくて。前回のアルバム曲「LA FIESTA」の時のガンフィンガーとかをまた使っていたりとか。そうやって前回の作品を取り入れたりとか継承している部分もありますし、いろんな思いを受け取ってほしいです!

RIKU ボーカルもしっかり踊るんで。そこも見どころですね。

――振り付けは今回どなたが担当されたのですか?

浦川 (後藤)拓磨と(与那嶺)瑠唯さんとやましょー(山本彰吾)さんと(藤原)樹が。

――4人で相談しながら作られたのですか?

後藤 そうですね。今回は4人で分担して振り付けをしようというところからまず始まりました。サビは前回の「LA FIESTA」じゃないですけど、ラテン調に寄っているところもあったので、僕と瑠唯さんがハマり役なんじゃないかなってメンバーから抜擢していただきました。サビでは僕と瑠唯さんっぽい特有の踊りを見せつつ、メロはやましょーさんと樹さんならではの綺麗な感じを出したりして。色々組み合わせて今までなかったようなダンスを目指しました。「新しい自分たちを見せる」アルバムのリード曲というところで、自分たちの要素も取り込んでっていう形で制作に挑みました。

――9月12日には結成5周年イベントも行われましたが、ファンの方からの反応などはいかがでしたか?

浦川 あの日はLINELIVE配信をやっていたんですけど、配信していることがTwitterでトレンド入りしてたんですよね。当日は約73万人の方が視聴してくださって、会場には1万人の方をお招きして。合計で74万人の方々が自分たちの5周年に目を向けてくださったということで、すごく注目度も高かったなというのが私の見解です。普段から僕はいろんなワードでネット検索をするんですよ。「THE RAMPAGE」だったり、「ランペ」だったり、「しょへ」だったり。

神谷 しょへ(笑)。

――一番サーチするのはどのワード?

RIKU 「しょへ」だよね?

浦川 一番見るのは「しょへ」と「翔平」と「浦川」。

後藤 はははは(笑)!

長谷川 三刀流だ。

浦川 三刀流でいかせていただいております。

吉野 そんなに検索してるの?

浦川 たまに「たっくん」や「まこっちゃん」とか、人の名前でも調べたりします。

長谷川 こっわ!

浦川 テレビに出た後とか。この前も、激辛料理を食べる番組に出た(川村)壱馬さんがTwitterでトレンド入りしていて。そしたらRAMPAGEを知らないような人もカッコイイー!とか反応してくれていて。「かましてるわ〜!」って思いながら、ひっそり自分だけで喜んでます(笑)。壱馬さんには報告してません。

RIKU 1人でうれしさをかみ締めているんだね(笑)。

――5周年イベントの翌週に行われた「HiGH&LOW THE WORST vs THE RAMPAGE from EXILE TRIBE 完成披露試写会&PREMIUM LIVE SHOW」で、HiGH&LOW THE WORSTの挿入歌に合わせてパフォーマンスするソロダンスコーナーもSNSで大変話題になってました。皆さんぴったり!と。

浦川 あ~! ありましたね。自分と藤原樹はぴったりだみたいなコメントをいっぱい見ました。樹はWhite Rascalsで、ロッキーのセリフ「party time」を言っていてぴったりでしたよね。自分はアクロバットをやるのでRUDE BOYZがぴったり!みたいなことだったんですかね。

――それもサーチ済みでしたか。

浦川 もちろん見ましたよ。

吉野 ふふ(笑)。

浦川 イベントの後は必ず検索をしますので!

――どの曲で誰が踊るのかはどのようにして決まったのですか?

浦川 あれは曲を聴いて立候補制だったっけ? ここでやりたい、みたいな。

長谷川 そうですね。

後藤 立候補ですね。HiGH&LOWに出演しているメンバーは基本的にそのチームの曲で踊ることになるので、そこはマストにしつつ。他のメンバーは自分の踊りたい曲で立候補していった感じですね。

――ボーカルチームは見ててどう思いました?

RIKU ぽいな~!と(笑)。それぞれのスタイルを出しながらも、ハイローの曲に合わせて各チームの雰囲気を取り入れながら踊っているんだなっていうのがすごく伝わってきたので、うちのパフォーマーすごいなって思いました。

浦川 え~! うれしいね?

長谷川 はい(笑)。

――神谷さんはイベントを終えていかがでしたか?

神谷 「HiGH&LOW THE WORST」が盛り上がればいいなと思ってやっていました。今回のライブは作品とのコラボで、それがメインだったので。僕らのライブが作品の盛り上がりにつながればいいなと。

――そういう意味ではパフォーマーの皆さんによるラップコーナーもすごく盛り上がっていましたね。

浦川 「JUMP AROUND ∞」はスペシャル感ありましたよね。

神谷 「JUMP AROUND ∞」に関しては僕らがカバーさせてもらったんですけど。初めて人が書いた歌詞で歌ったから、ちょっと変な気持ちだった(笑)。

浦川 確かに(笑)。

神谷 変っていうか、不思議な気持ちでした。楽しみながらも、とにかく作品を応援する気持ちでやっていまたね。

――「Determind」も、ツアー以来の披露ですね。

神谷 こんなにやって良いのかなって言うくらい、すごくたくさん時間をいただきました。イヤモニをつけているのでお客さんの声とかはなかなか聞こえなかったんですけど、表情とかは見えて。楽しんでもらえてたのかなって。

浦川 僕ら、あの場に乱入してきた感がありましたよね(笑)。

神谷 うん、ちょっと恥ずかしかった。へへ(笑)。

――浦川さんはDJもやられて。

浦川 やりましたね。とても緊張しました。

RIKU すごくカッコよかった!

浦川 本当ですか? ありがとうございます! アリーナツアー以来ですよね。DJ IZOHさんとはあれからもコンタクトを取っていて、また絶対やりましょうって話していたんです。次のツアーとかで出来たら良いなと思って個人的に練習していたんですけど、結構早めにできてうれしかったです。パッケージとかもツアーの時とはちょっと変えてやりましたし、お客さんもコール&レスポンスとか乗ってくれたので、自分もちょっとずつDJとしてのあおり方や盛り上げ方っていうのを学べてきたなと。

――RIKUさんもあの日はDJブースに。

RIKU (笑)。あれはただただ遊んでいただけですね、IZOHさんと(笑)。決してDJのスクラッチをしたりとかは一切やってないです…ただただ遊んでただけ(笑)。

浦川 ふはは(笑)。

RIKU こっちだけで楽しんでた(笑)。パフォーマーでラップするメンバーやはしゃぐキャストの皆さん見て、わー!って。北人と壱馬は映画に出ているからああやってメインステージに立って盛り上げてたんですけど、リハの時から「RIKUさんの位置難しくないですか?」ってなって。どうしよ~って思ってたら、ちょうど良いところにIZOHさんがいて!

――ファンの皆さんはRIKUさんがあそこにいる!と驚かれていた印象です。

RIKU 本当ですか?

浦川 確かになってた。

RIKU パフォーマーもびっくりしてましたね。近くに来て、え!?ってなってた(笑)。全員でパフォーマンスするってなった時に、邪魔にならない位置ってどこかなって考えていたらIZOHさんがいらっしゃって助かりました!

――今年はいろんな夏フェスにも参加されました。皆さんの思い出は?

浦川 夏フェスでの思い出は、a-nation 2019で「Nobody」を初披露したことですね。あの時の自分としての衝撃もそうですが、ファンの方にとっての衝撃も大きかったのではないかと思います(笑)。曲の冒頭、ギターのテン、テン…という音が鳴ったと同時に会場がブワー!ってなった感覚があって。夏フェスであの曲を披露するってRAMPAGEならではだなと思って。ここでセクシーなあれをやっちゃうかと。個人的に「Nobody」がすごく大好きだっていうのもありますけど…!

後藤 あとはイナズマロックフェス 2019に参加した時、出演が終わってはけた時にヒュー!パーン!って花火が上がったんですよね。それは本当に気持ちよかったです。

浦川 あれはよかったね。

後藤 やりきったー!って感じで。

RIKU ヒュー!パーン!ってね。

吉野 花火綺麗だったな〜。

後藤 あの花火で夏フェスを締めくくるというのは気持ちよかったですね。

神谷 フェスはすごく自由度が高いから、やっている身としては曲中で走りたくなるんですよね。会場も広い分、端から端まで走ってみんなで楽しみたいっていうのがあるので。

浦川 わかる!

神谷 イベントとかだと難しいことも、フェスだとそれができるんですよね。ステージでタオルを振っている瞬間、お客さんが楽しんでいる表情と空が見えて…という景色は、毎年の楽しみの1つです。

 

Q 「メンバーの気になるところ」タレコミ調査の結果を報告! ご本人を直撃すると…??

【与那嶺瑠唯→陣】

「質問している時に真顔でどこかに行ってしまうのが怖いです」

陣 自覚がないです! 本当ですか…(笑)。恥ずかしいなぁ。頭に入ってないんですけど、誰かが話しかけたてきたら「そうだな」って言っちゃうんですよね。「うんうん」って相槌打ってるんですけど、まこっちゃんから「陣さん聞いてなかったですよね?」ってよく言われて、「え? 何の話?」みたいな(笑)。「今、うんって言ってましたよ!?」っていうことがあって…申し訳ないなと。

【藤原樹→陣】

「気合入れの時に落ち着きがないのが気になります」

陣 ふふふ(笑)。基本じっとできないんですよ。立っている時も体重移動させないといけないっていうか、血流止まるじゃないですか。じっと立っているのってつらいんですよ。バランスも取らなきゃいけないから。でもみんなには申し訳ないです(笑)。気合入れしている時たまに隣のメンバーに怪訝な表情で見られることはありますね。

【後藤拓磨→山本彰吾】

「携帯の待ち受けが僕なのは何でですか?」

山本 ははは(笑)。みんながたっくんのこと大好きなので、僕はそういう人はパワースポットと呼ばれるべきだと思っていて。RAMPAGEのパワースポットとして後藤拓磨が存在しているご利益にあやかろうとして、2、3カ月くらい前からたっくんにしています。ちなみにロック画面がたっくんで、ホーム画面はRAMPAGEってずっと決めているんです。今は5周年イベントの時のRAMPAGEと、最新のたっくんに設定されていますね。今のところまだご利益はありませんが…(笑)。

【RIKU→与那嶺瑠唯】

「瑠唯さんのキャラの定まらなさが気になる!」

与那嶺 なるほどですね。自分も自分でちょっと、何キャラなのかよくわかってないんですけど(笑)。自由にいつも遊ばせていただいております(笑)。キャラっていうよりかは、自由な人であり続けたいなと。これからも自由さを増していきたいと思います!

【陣→長谷川慎】

「まこっちゃんがいつでもどこでも写真を撮るのが気になります」

長谷川 そうですね。それこそみんなで固まって歩いている時とか、パッてみて空とかきれいなものとか、ビルとかあったら立ち止まって撮っちゃうくらい好きで。本当にプライベートでもしょっちゅう、道端で1人で急に立ち止まってっていうことが全然あって。ピンときたら撮らずにはいられないです。全然その辺にあるものとかでも、これを撮ったら面白く写りそうだなとかっていうものがあったらビル以外でもすぐに撮ります。納得いくまでずーっと。

【武知海青→吉野北人】

「メガネとコンタクトを交互にしているのはなぜ?」

吉野 コンタクトは目がゴロゴロして嫌なので、取材の時とかはメガネ。ライブとか、音楽番組やテレビ収録の時とかはコンタクトにしています! そういうわけ方ですね、ふふ(笑)。

【吉野北人→浦川翔平】

「翔平は毎日違うバックを持っていて、この人芸能人だなぁと思います」

浦川 なんですかそれ(笑)!? 毎日違うバックを持っている…!? 自分はショルダーポーチみたいなのが好きで。コレクターまではいかないですけど、すごく好きで買い集めているんです。そんなに高価なものではないですが、いろいろ種類があるので日替わりで持っていたりするとそういうふうに勘違いされるのかもしれないですね(笑)。

【長谷川慎→後藤拓磨】

「いびきが気になる」

後藤  それは今に始まったことじゃないですね、ずっとです(笑)。でも僕結構、バスに乗る時とかは対策する方ですよ。そのまま疲れて寝ちゃうといびきかいちゃうみたいですけど、いびきをかかないテープを貼って防止してます。逆に僕は、昂秀の方がヤバいと言いたい。彼は何もしないので(笑)。僕の方が気を配ってると思います!

【LIKIYA→後藤拓磨】

「モンチッチ感のある髪型の変化が楽しみ!」

後藤 楽しみですか(笑)。まだ今後どうしていくかは全く考えてないですね。僕、あんまり髪形飽きない人なので、別に何がしたいとかもなくて。思った時に直感的に変える感じなので、このままお楽しみに…(笑)!

【編集部→藤原樹】

「浦川さんがインスタグラムで藤原さんをタグ付けするのはなぜ?」

藤原 わかんないです(笑)。翔平がストーリーあげたら僕に通知が絶対来るんですよ。それを見ても僕のタグ全然見つからないし…。Twitterとかファンの皆さんの検索をたまにするんですけど、それを見たらストーリーのところに僕のタグが付いてて。そうやっていつもファンの皆さんが見つけてくれるんですよ、タグを。でも本当に小さくて、線みたいなタグがついていて。絶対わからないところにあって、なんなんだろうなって思いますけど。まぁ僕のこと好きなんだろうなーって。

 

THE RAMPAGEの直筆サイン入り色紙を1名様にプレゼント!

ポラ

タイトルに「TVfanWEBプレゼント希望 RMPG」、本文に住所、氏名、今回のインタビューのご感想、ご意見を明記の上、12月2日(月)までに、tvfan@mediaboy.co.jpへご応募ください。※当選発表は編集部からのメール返信をもって代えさせていただきます。「@mediaboy.co.jp」の受信許可設定を事前にお願い致します。

 

文/田中莉奈

 

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE 2nd Album

「THE RIOT」発売中

ジャケ写

CD+2DVD<初回仕様>盤 \7,980+税

CD+2Blu-ray<初回仕様>盤 \8,980+税

CD+DVD盤 ¥4,980+税
CD+Blu-ray盤 ¥5,480+税

CD盤 \2,980+税

rhythm zone

 

【PROFILE】

りきや 1990年11月28日生まれ、青森県出身。

じん 1994年4月28日生まれ、大阪府出身。

りく 1994年8月10日生まれ、埼玉県出身。

かみや・けんた 1995年5月27日生まれ、沖縄県出身。

よなみね・るい 1995年8月16日生まれ、沖縄県出身。

やまもと・しょうご 1995年10月6日生まれ、岡山県出身。

かわむら・かずま 1997年1月7日生まれ、大阪府出身。

よしの・ほくと 1997年3月6日生まれ、宮崎県出身。

いわや・しょうご 1997年3月11日生まれ、大阪府出身。

うらかわ・しょうへい 1997年5月23日生まれ、長崎県出身。

ふじわら・いつき 1997年10月20日生まれ、福岡県出身。

たけち・かいせい 1998年2月4日生まれ、兵庫県出身。

はせがわ・まこと 1998年7月29日生まれ、神奈川県出身。

りゅう 1998年9月9日生まれ、千葉県出身。

すずき・たかひで 1998年10月3日生まれ、神奈川県出身。

ごとう・たくま 1998年12月4日生まれ、和歌山県出身。

 

 

 

関連記事

  1. 1.ss_studio03 10月16日スタート「恋神(コイカミ)アプリ」 恋の行方を見守る…
  2. NOW縦長1 デヴィッド・ボウイ大回顧展、初日、2日目はチケット完売!
  3. IMG_3323 梅沢富美男 初MC&初冠番組が7/28に放送決定
  4. 1枚目_IMG_6986 4月3日に2ndワンマンライブを控えるTRYZEROを直撃! 3…
  5. 縮小【確定】_L1A0269 青柳翔がトレーニングで猛ダッシュ「ドラマW 食い逃げキラー」今夜…
  6. MfanWEB 新音楽誌「Mfan」が7月3日発刊
  7. 上_和楽器サミット会見2 日本最大級の和楽器フェス 「和楽器サミット2017」 京都で開催…
  8. 画像① 「GENERATIONS高校TV」生放送で片寄涼太の誕生日を祝福…
PAGE TOP
error: Content is protected !!