ニュース

FANTASTICSがまさかのBL展開⁉ グループ内で三角関係ぼっ発⁉ ここでしか見られない3グループに分かれたトークも必見!

タイトルなし

EXILE TRIBEの新グループとして結成されたFANTASTICS from EXILE TRIBE(以下FANTASTICS)。EXILEの世界と佐藤大樹をリーダーにパフォーマー集団として2016年に結成され、さらに約3万人のなかから選ばれたボーカルの八木勇征と中島颯太が加入。

満を持して、昨年の12月5日に「OVER DRIVE」でメジャーデビューを果たしたFANTASTICS早くも2ndシングル「Flying Fish」を4月3日にリリース。自分を信じて、前を向いて進んでいく姿を描いた爽快感のある1曲になっている。

TVfanで初インタビューとなった今回は、結成前の印象から衝撃的なデビュー時のエピソードまでたっぷりと語ってもらいました。

さらに、【佐藤大樹・澤本夏輝・木村慧人】【八木勇征・中島颯太】【世界・瀬口黎弥・堀夏喜】の3グループにわかれ、ここでしか聞けない最新情報や今後の未来についてなど盛りだくさんでお届けします!

――グループ結成前からも親交があったメンバーは?

佐藤 僕と(木村)慧人と澤本夏輝は、EXPG STUDIO東京校の生徒だったんです。慧人はキッズから踊っていて、その時代を僕も知っているんです。さわなつ(澤本)は僕が入った1年後くらいに入校して、三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE(以下、JSB)さんのツアーで仲良くなりました。

――3人は一緒にレッスンに出ていたのですか?

木村 はい。

佐藤 その時、僕たちの先生だったのが世界さん。(瀬口)黎弥は福岡校で堀夏喜は名古屋校の生徒でした。

堀 僕はJSBさんのツアーで皆と出会いました。

――先生だった世界さんから見て、当時3人はどんな生徒でした?

世界 超イケイケな感じで。

佐藤 一番イケイケじゃないですか(笑)。

世界 なんかやだなと思ってて。

澤本 やだな⁉

木村 あらら…。

世界 怖いな~と思ってて。みんなイケメンだし、やっつけてやろうかなって(笑)。

佐藤 生徒をそんな目で見てたんですか⁉

木村 先生~(泣)。

世界 レッスンでは、大樹はとにかく一番目立ってましたね。

佐藤 イェイ!

世界 へ…上手くはなかったですけど(笑)。

木村 今、「へ」って(笑)。

世界 でも当時すごくパッションというか、本当にダンスが好きなんだなっていうアツい思いがビシバシ伝わってくる少年でした。さわなつは、きれいな手足をもつ男の子だなと。ダンスのスタイルもきれいなR&Bで、当時あの学校にはいないタイプ。慧人は、同世代のRAMPAGEやBALLISTIK BOYZ達のなかでは、正直埋もれていましたね。そのなかで地道にコツコツ練習して、さわなつ達に出会っていろんなことを教わったりしていたのが印象的でした。なっちゃん(堀夏喜)は、JSBさんの「BLUE IMPACT」ツアーで初めて一緒だったんですけど、背が高い子がいるなっていうのが第一印象です。ダンスもスタイリッシュでしたね。黎弥は、FANTASTICSを組む前に初めて知りました。僕が初めて黎弥を見たのは、東京校のクリスマス会。生徒たちのダンスバトルで、ものすごくリーダーっぽい子がいるなと。その頃は、まだダンス2年目くらいでテクニックはなかったけどとにかく目立っていました。そこから(中尾)翔太を含む5人で活動していました。“期待の新人たち、現る!”って感じでしたね。

――皆さんキャリアはバラバラなんですね。

木村 そうですね。

――世界さんとの出会いを振り返って、TETSUYAさんが以前、「小さいころから知っているから、今一緒にEXILEでパフォーマンスをしているなんて不思議!」と話されていました。

世界 不思議ですよね…。でもそういう意味では、慧人と一緒にやってるのもすごく不思議。キッズダンサーと一緒にチームを組むみたいな感覚なので。TETSUYAさんもこういう感じだったんだろうな(笑)。

――「EXILE LIVE TOUR 2018-19“STAR OF WISH”」の会場でデビュー発表でしたね。皆さんのお名前がスクリーンに出た時、お客さんたちが一斉に立ち上がったのが印象的でしたが、ステージから見えました?

佐藤 見えました! 僕たちは下から上がってステージに出たんですけど、お客さんが僕たちの顔を見て立ち上がってくれた姿は見えました。自分たちが思っていた以上の熱気を肌で感じて、“待っていてくれたんだな”って強く思いましたね。お客さんたちがすごく温かかったです。

――ズバリ緊張した人は…?

佐藤 いや、皆じゃない⁉

澤本  全員緊張してましたね。

世界 僕は(八木)勇征の隣で出てくるんですけど、オーディションの時より緊張した。

木村 緊張しました…。

八木 「OVER DRIVE」の歌い出しは、フェイクがあってキーが高いので、めちゃくちゃ集中しましたね。

中島 僕たちボーカルの2人は、初のステージだったので…。リハーサル風景も「週刊EXILE」で見ていたくらいだったので(笑)。初めてEXILEさんのスタジオに入った時の感動もヤバかったです! メンバーの皆さんを生で見て、感じ取るものはたくさんありました。緊張しすぎると歌が震えてしまうので、それに気を付けていたんですけど、いざステージに立ってみたら歌に集中しながらも楽しむことができました。メンバーと目が合ったりして、緊張がほぐれましたね。ありがたみを感じました。

佐藤 始まってしまえば楽しかったです。

――新曲の「Flying Fish」についてボーカルのお2人が歌う時に心掛けていることは?

八木 この曲には、「新しい自分」というテーマが中心にあるんです。それは僕達にとっても言えることですし、新しい道に進む方への応援ソングかなと思って歌っています。リリースも4月3日なので新学期が始まったり、新しいことを始めるタイミングになる時期だと思うので、そういう方の小さなきっかけになる曲であってほしいです。

中島 今回はボーカルも一緒に踊っているんです。デビュー曲の「OVER DRIVE」とはまた違うグループの一体感を見てもらえるんじゃないかなと。僕達もしっかりと歌詞を届けられるように、集中して歌いたいと思っています!

――収録曲の「Believe in Love」は、佐藤大樹さんが主演を務める映画『4月の君、スピカ。』の主題歌。映画で佐藤さんは“チャラめだが学年トップの秀才”というギャップのある役を演じていますが、メンバーの皆さんのギャップは?

佐藤 黎弥はやんちゃそうな見た目だけど、ものすごく几帳面で女の子みたいに繊細です。部屋も超きれい!

瀬口  (うんうん、とうなずく)

佐藤 キャリーケースを開けても、事細かに服が整頓されてるよね。

瀬口 気になりますね。タオルも引き出しに入れるときはちゃんとたたまないとダメ。整頓しないと…面倒くさくてすみません。へへ。

堀 颯太は自分のこと“関西一のポジティブ”っていう割にめちゃくちゃため息つく。

中島 それ最近、「ため息ついてるよ」って言われて初めて気が付いた。

瀬口 ため息つくと幸せが逃げるんじゃない?

世界 気の持ちようだって! 朝の占いくらいの感じだよ。

中島 じゃあ大丈夫かな…。

世界 自律神経にいいんだよ!

中島 …ありがとうございます(笑)。

八木 さわなつ(澤本夏輝)くんはクールに見えてすごくおちゃめです。人を盛り上げるのがすごく好きな人。シーンとなったとき、いつも夏輝くんが何かやってくれるんです。

澤本 僕の気分です(笑)。自分が楽しければいいなっていうタイプなんです。

――学生時代、何か率先して盛り上げてたりするタイプでしたか?

澤本 いや…。それはあんまり…。

世界 生き物係とかやってそうなのにね。

――ちなみに、学級委員をやったことがある人は?

佐藤・瀬口・澤本 (挙手して)はい。

堀 ええ⁉

世界 やってるやないかい!

澤本 小学校だから! 自主的じゃなかったの(笑)。

世界 学級委員長っぽい服着てるね。

瀬口 部長で学級委員でした。学級委員が一番仕事少なかったからいいかなと思って。

世界 僕、図書委員だった。

木村 僕もそうでした。

世界 イエーイ!(木村とハイタッチ)

――映画では切ない恋の三角関係が描かれていますが、もしもグループのメンバー同士で恋の三角関係が生まれたら?

一同 …え?(ザワザワ)

佐藤 メンバー内の?

堀 それは…BL?

世界 どういうことですか?

木村 恋が生まれるの…?

世界 大樹と勇征でほりなつ(堀夏喜)を取り合うってこと⁉

佐藤  ははは!(笑)。

世界 違いますよね、びっくりした(笑)。同じ女性をメンバー同士で好きになってしまったらどうするかって話ですよね?

佐藤 僕は譲りますね。

世界 全員?

佐藤 はい。

世界 慧人でも? 颯太でも? 勇征でも?

佐藤 もちろん! ここと被るのは絶対に嫌なので、違う人見つけます。

世界 そんな好きなのに?

佐藤 嫌ですね。

木村 カッコいい。

瀬口 僕なら…どんな手を使ってでも奪います!

佐藤 怖!

木村  学級委員だったのに!

堀  やめてください(笑)。

瀬口 頑張って想い伝えますね。

世界 そっちの方がいいよね~。でも俺も譲るかな。譲りますね、多分。5千万人くらい女性いると思うし!

木村 僕は譲らない。戦います。

八木 僕は譲りますね。

中島 僕も譲りますね…。

世界 え⁉

澤本 僕も譲ります。

世界 なっちゃんは⁉

堀 僕も譲ります。

瀬口 敵はここのみ(自分と木村を指して)。

世界 バチバチですね!

堀  諦めろ!

佐藤 みんな意外と奥手だね(笑)。

木村 でもその状況になってみないとわかんないですね。

堀 俺ぜったい心折れると思う…。

木村 俺も折れる。

世界 相手が慧人でも?

堀 慧人だったらムカつくけど(笑)。でもちょっと気のある素振りとかしていたら…譲っちゃう。気にしちゃうタイプかも。なんで俺だけこんな真面目に話してるの…(笑)。

一同  ハハハ!

世界  大事よ!

 

【佐藤大樹・澤本夏輝・木村慧人】

――今回佐藤さんの出演される映画の主題歌をFANTASTICSが担当することになった時のお気持ちは?

佐藤  めちゃくちゃうれしかったです。FANTASTICSができた時に、自分がいつか主演をやらせてもらえるようになったら、その主題歌を担当したいっていう思いがあったので。自分たちが思っていたよりも早く叶ったのかなと思いますね。

木村  主題歌に決まった時から本当にうれしくて。映画のエンドロールに“FANTASTICS”って出るって思ったら鳥肌が立つ! メンバーみんなで映画の試写を見たんですけど、めちゃめちゃ本編も良かったです。

澤本  ね!

木村  僕、元々原作を読んでいたんです。漫画のシーンが映画で出てくるたびに、照らし合わせて、「あ〜原作通りだ!」って!

澤本  (ものすごい小声で)とても素敵でした…。

佐藤  声ちっさ(笑)。

澤本  へへ。

澤本  とても素敵でした。大樹くんの演技のすごさに、いつの間にか引き込まれてしまいましたね。

佐藤  好きぃぃぃぃ〜ん。

木村  はははっ!

澤本  今のは記事に入れておいてくださいね。

佐藤  好きぃぃぃぃ〜んって、さわなつがいつも言ってくれるんですよ。

澤本  これ、本当なんで。いつも言うやつで。

――映画『4月の君、スピカ。』のようなラブコメ作品をみんなでやるなら、どんな配役につきたいですか?

澤本  主人公の親戚とかやりたいですね。特に何もせず。

佐藤  騒ぎ立てるだけ?

澤本  相談に乗る、くらいの。

木村  僕はたいようですね。

佐藤  あ、お日様役じゃないですよ?(笑)。

木村  お遊戯会じゃないです(笑)。僕は『4月の君、スピカ。』の宇田川泰陽みたいな役に憧れます。

佐藤  元気ハツラツな役の方がやっていて楽しいので、やっぱり僕も泰陽みたいな明るい役がいいですね!

――お2人はいつも佐藤さんの出演作は見ていらっしゃるんですか?

木村  見ますね。そして連絡します。

澤本  はい。今までの作品は見てきました。

佐藤  「良かったです」って連絡くれるんですよ。めちゃくちゃうれしいですね。

――それをキッカケに、お二人も演技に興味が出たりしますか?

木村  僕はすごくやりたいです。

澤本  カッコいいな、表現力がすごいなっていつも思いますね。ダンスじゃ表現しきれないものがいっぱいあるので。

――ダンスの表現力に活かされているなと感じる?

木村  それはめちゃめちゃあります。演技レッスンを小さい頃に1回だけ受けたときに、そこからダンスの表現があがったなぁとは実感してますね。ダンスで感情を出したりするのも、演技力かなと。

佐藤  それは僕もありますね。特に舞台とかやるとすごく思うんですけど、同じステージの上で何かするという点では踊りと一緒で。やればやるほど自分の中で引き出しが増えているなってツアーをやったときに思いました。

――これから主演舞台『錆色のアーマ』も控えていて、そういった面でも楽しみですね。

佐藤  そうなんですよ。

木村  僕、アーマも観に行きました。

澤本  一昨年かな? 行きました。

木村  舞台の大樹くんはまた違いましたね。

澤本  もう大樹くんとして見てないっていうか。大樹くんがしっかり作品に入り込んでいるので、僕もその世界にいつの間にか入ってて。

佐藤  (2人の言葉に照れて)好きぃぃぃぃ〜ん。

木村  また記事に入れておいてくださいね!

澤本  お願いします!

――舞台上にいる姿に、普段の佐藤さんとのギャップを感じたりしますか?

澤本  アーマは座長だから、違う大樹くんがそこにいました。リーダーだけど、やっぱり違う大樹くんでしたね。

佐藤  自分が座組のなかで最年少の座長なんです。だからこそ「俺がやるぞ!」っていう気持ちで再び臨みます!

――ちなみにお2人から見て佐藤さんはどんなリーダーなんですか?

澤本  優しいし、誰よりもメンバー思いですね。

木村  メンバーひとりひとりに一番寄り添ってくれる方ですかね。お兄ちゃんですね。

澤本  いや、ママです。

木村  ママ…。

佐藤  す、好きぃぃぃぃ〜ん(笑)。

澤本  お母さ~ん!

木村  ママ〜!

佐藤  可愛いですね。僕とさわなつ、付き合ってるんで(笑)。

――母と子で?

佐藤  はい(笑)。

澤本  さっきの座談会でBLって言ってたので、ちょっと焦っちゃった。

木村  バレちゃうと、ここ(佐藤と澤本)が責められちゃうんで…。

佐藤  危ない危ない!

澤本  秘密にしておいてくださいね(笑)。

 

 

【八木勇征・中島颯太】

――お2人はボーカルオーディション「EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 5 ~夢を持った若者達へ~」で出会われましたよね。当時のお互いのことを覚えてる?

八木 覚えてます!

中島 僕たちは違う会場だったのでテレビで見ていました。一次審査でいろんな人が映っているなかで、僕は結構勇征くんを見ていたので…。ライバルというか残りそうだなと思っていたら、二次審査を進んで合宿で会いました。すごく意識している相手でしたね。

八木 僕も颯太は大阪審査の時に見ていました。でも僕が意識し始めたのは、二次審査の時。全員が同じ課題曲を歌うんですけど、颯太は見せ方やリズムの取り方が素人っぽくなくて、すごく上手だったんです。目がいってしまってチェックしていましたね。第一印象はすごく真面目で勉強もできる好青年。いざ合宿で会って、一緒に時を過ごしていくと、何より心が強いなって。キツいプログラムも一歩一歩前に進んで行く男らしい部分を感じて、年下ですけど尊敬しています。周りも見えて発言もできる怖いもの知らずな感じが、第一印象からは180°変わりましたね! 男らしいです。

中島 僕も変わりました! 勇征くんはジムで体も鍛えているし、すごくパワフルな印象だったんです。でもすごく落ち着いていて、ゆっくり物事を考える人だなって。普通の人が出ないようなキーも出ていて音域も広いし、すごく尊敬できます。2人ともいい部分と課題の部分がマッチしているので、いろんな曲が歌えそうで楽しみです!

――実は、八木さんはボディビルの大会「ベストボディジャンパン」で準グランプリ。

八木 そうなんです、ありがとうございます。

——多方面のオーディションで勝ち抜いてきた八木さんが大事にしていることは?

八木 初めてのことだったので、オーディション中、僕も強がって「何事も楽しむ」って言ってしまうんです。僕もあの時はすごく緊張していたけど、やらないで後悔するよりもやり切るだけやることが大事かなって。歌でキーを外してしまったとしても、とにかく一生懸命歌おうっていうのは思っていました。これから何か大事な局面でぶつかる人には、臆せずに自信をもってやり切ることを大切にしてほしいです。絶対にそれは後からついてくると思うので。

――中島さんは、オーディション時がちょうど受験生。進学への迷いはなかった?

中島 迷いはなかったです。逆に僕の周りが、「本当にいいの?」って心配していました。僕があまりにも迷わなかったから。おじいちゃんおばあちゃんは、本当は大学へ行ってほしかったみたいなんです。でも両親は僕にそれを言わずに、「オーディションに行っていいよ」って言ってくれました。「夢叶えるなら、お前の人生なんやから」って応援してくれて。学校の先生自身も大学に行かせないことを悩んでいたみたいですけど…。でも僕は迷いなく、オーディションに行くっていう覚悟がありましたし、絶対に受かるってずっと思っていたので。親には感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

【世界・瀬口黎弥・堀夏喜】

――2月21日にお誕生日を迎えた世界さん。メンバーからプレゼントは貰いました?

世界 アニメ「NARUTO」のフィギュアをいただきました。あ、ラーメンのなるとじゃないですよ(ニヤリ)。

堀 優しい! たまに分からない人いますもんね(笑)。

世界 僕の前に大樹の誕生日があったので、慧人と一緒にプレゼントを探しに行ってたんですよ。僕と一緒で大樹はアニメ好きで、集めているフィギュアがあるって聞いていたので。慧人は大樹が何を持っているのか把握しているそうなので、教えてもらいながら買いに行きました(笑)。その時に僕が「めっちゃ欲しい!」って言ったフィギュアのことを慧人が覚えていて。それを大樹と一緒に買いに行ってくれたんです。まさかこれが貰えると思ってなかったからうれしかった! 後はスニーカーとキャップも貰いました。

――瀬口さんも3月11日がお誕生日。

瀬口 僕は、メンバーからベルトとニット帽を貰いました!

堀 去年までは、メンバーがそれぞれ誕生日にプレゼントを渡していたんですけど、去年からまとめて一緒にプレゼントしようって話になったんです。皆で渡すならいくつか渡そう! ってことで、誕生日プレゼントは2個以上あげるようにしてます。

――ちなみにプレゼントはリサーチする?

堀 リサーチもするし、アピール上手の人はアピールしてます(笑)。

瀬口 僕はアピールしてなかったので、ちょっと…。

世界 はっ⁉(堀と目を合わせて)

堀 (ソワソワ)

瀬口 ウソウソ(笑)。僕はニット帽が好きなので、めちゃくちゃ可愛いのをいただきました。ほぼ毎日使ってますね。

堀 ベルトも欲しいって言ってたので、ニット帽のほかにベルトもあげたんです。調達しに行ったのは、大樹くんと慧人。そしたら黎弥は、おばあちゃんからもベルトをプレゼントしてもらってて…。

瀬口 誕生日のベルト被り(笑)。

堀 いや~、なかなかないですよね⁉

世界 しかも俺達があげたやつよりいいベルトを…(笑)。

瀬口 いやいや! 気持ちだけでめちゃくちゃうれしかったですよ!

――その相談はいつもどうやってしてる?

堀 こっそり。

世界 こっそりですね。

堀 1人を除いてメールグループを作って相談しています。

――お誕生日を迎えて、今年の自分はどういうテーマでいきたいですか?

瀬口 クールに、大人っぽくなれたらいいなって思っています。僕も大人になってくる年齢に近づいているので、冷静な判断ができるようになりたい。今まではとりあえず思いついたら行動していたので、これからは一度立ち止まって考えてから行動するようにしたいです。

堀 見た目がだんだん…ね。

瀬口 落ち着いちゃって(笑)。

堀 でも分からないですよ? 今がそうなだけで。またやんちゃになるかもしれない(笑)。

世界 来年になったらドレッドになってたりして。

瀬口 あり得ますね! 山あり谷あり。

世界 僕は、今年の自分は「広く深く」がテーマですね。趣味のマンガやゲームやアニメは、ダンスと同じくらい小さいころから好きなもの。それが最近だんだん仕事にも活かされるようになってきたんです。これからは、LDHのファンの方があまり知らないようなジャンルの部分も広めていけたらいいなと。そのためには自分が広く深く知る必要があるなって。ダンスも引き続きそうだし、映像つくったりすることも好きなので、いろいろなことに対して、広く深く勉強していきたいです。

堀 僕は「磨く」という言葉をテーマにしようと思っていて。グループを作った当初は、演技もやってみたいと思っていたり、とにかくいろいろなことがやりたくて。でも一旦、パフォーマンスを磨くことに集中することに考えを切り替えようかなと思っています。今年は、パフォーマンスをしっかり磨きます!

 

【PRESENT】

20190329170310983_0001

サイン入り色紙をプレゼント!

4月30日までにtvfan@mediaboy.co.jpまでご応募ください。

 

【PROFILE】

009_0869_tr

世界(せかい)1991年2月21日生まれ、神奈川県出身。

001_0065_tr

佐藤大樹(さとう・たいき)1995年1月25日生まれ、埼玉県出身。

004_0345_tr

澤本夏輝(さわもと・なつき)1994年1月19日生まれ、長野県出身。

008_0804_tr

瀬口黎弥(せぐち・れいや)1996年3月11日生まれ、福岡県出身。

002_0155_tr

堀夏喜(ほり・なつき)1997年8月6日生まれ、愛知県出身。

007_0707_tr

木村慧人(きむら・けいと)1999年8月16日生まれ、東京都出身。

006_0641_tr

八木勇征(やぎ・ゆうせい)1997年5月6日生まれ、東京都出身。

003_0252_tr

中島颯太(なかじま・そうた)1999年8月18日生まれ、大阪府出身。

Print

【楽曲情報】

Flying Fish

FANTASTICS from EXILE TRIBE

4月3日(水)リリース

\1,852+税(CD+DVD盤)

\1,204+税(CD盤)

rhythm zone

 

関連記事

  1. 西日本_環状線_T&O-2 三代目JSBが全国5大都市で鉄道ジャック!
  2. 19年08月号_表紙 「月刊TVfan」テレビファン8月号 6月24日(月)発売!
  3. つぶやきFES. In 両国国技館 (1) HKT48と欅坂46がガチの6番勝負! 「つぶやきFES博欅場所…
  4. 『メイビー、ハッピーエンド』yesung&se7en_small-1 イェソン(SUPER JUNIOR)、SE7EN出演「メイビー、…
  5. tvfan_告知_2019年01月号 月刊TVfan(テレビファン)1月号、11月24日発売
  6. A BOYS AND MEN 「頭の中のフィルム」リリース記念スペシ…
  7. ★PS_0002 『カクタス・フラワー』個性豊かな6人のキャストが織りなす、心がほ…
  8. メイン 青柳翔インタビュー 映画『たたら侍』
PAGE TOP