その他

演技も歌も絶好調!GOT7のパク・ジニョンが3年ぶりに日本ファンと再会

2023年2月10日に東京・立川ステージガーデンにて、GOT7のメンバーであり「彼はサイコメトラ― -He is Psychometric-」や「悪魔判事」で俳優としても大活躍中のパク・ジニョンが3年半ぶりの来日ファンミーティング「2023 PARK JINYOUNG FANMEETING in Japan『Rendezvous:Secret Meeting Between You and Me』」を開催。夜公演の様子をお届けします。

朝からの雪の影響で足元が悪い中、ひときわにぎわいを見せていた立川ステージガーデン。ジニョンの家というコンセプトを基に飾られたセットの中央にあるドアからジニョンが登場し、「皆さん久しぶりです」と日本語であいさつ。歓声が巻き起こる中、23年1月18日に発売されたソロアルバム「Chapter 0:WITH」のリード曲「Cotton Candy」からファンミーティングはスタートした。伸びやかな歌声としなやかなダンスを披露し、ファンもノリノリの様子。曲を歌い上げ、「皆さん久しぶりでーす! 僕はGOT7のジニョンです」と改めてあいさつ。「僕たちの家にお客さん(笑)がいます。僕も分からないです」と冗談を言っているところで、MCの古家正亨がドアから登場してしまい、焦るジニョン。「ノックお願いします!」とジニョンの指示を受けて、再び古家が登場し会場からも歓迎の拍手が。「古家さん久しぶりです。最後は2時間前ですよね?」、「そうですね、2時間前ですね」と仲の良さが伝わるジニョンと古家の掛け合いに、会場はほっこりムードに包まれた。

早速トークコーナーに。今回のアルバムに収録された5曲全ての作詞に参加したというジニョン。「アルバムの曲は2年くらいずっと作り続けていました」とのこと。作詞については「一番古い曲が『Our Miracle』で4年前に作ったのですが、その時に聴いた伴奏やトラックがすごく良かったので作りました」と制作秘話も語る。トークを進めながら、どこか落ち着きがないジニョン。「ちょっと、このイスは座りにくいですね。足がずっと広がっちゃうので、閉じるのが大変です」と正直に答えると、MC古家が台本を膝に置いているのを見て、まねしてタオルを膝に置くジニョン。古家の「銭湯に来たみたいですよ」の突っ込みに会場からは大きな笑いが起きた。ここで、ジニョンの最新プロフィールを紹介するコーナーへ。古家が身長について触れると、以前までは178センチだったことを暴露。「縮んだんですか?」と聞かれると、「縮んだというよりは、今は正直に…」と回答。「デビューする時は、みんな全部がウソですよ」とちゃめっ気たっぷりに笑った。最近のTMI(Too Much Information)については、「カカオトークのスタンプを買った」とのこと。どんなスタンプか顔で表してほしいという古家の無茶ぶりにも動じず、「(韓国の野菜村というゲームに出てくる)양파쿵야(ヤンパクンヤ/ねぎお)といって、澄んだきれいな目をした狂人という感じです」と説明して実際にヤンパクンヤのまねをするジニョン。その姿を見たファンは「かわいい~」とメロメロだった。

続いては、撮影時のビハインド写真を見ながら作品を振り返るコーナー。まずは「ユミの細胞たち」のビハインド写真。会場にはもちろん、GOT7からジニョンを好きなファンが多く集まったが、ドラマを見てジニョンのファンになったという人も多数。古家の「ドラマから好きになった人?」という問い掛けに手を挙げたファンを見て、ジニョンが「ありがとね。新しいファンの皆さん、遅いよね」と冗談を言う場面も。会場が笑いに包まれると、少し焦った(?)様子で「ごめんなさい。ミステイクです。正直な心です(笑)」とはにかんだ。Netflixのオリジナル映画『夜叉 –容赦なき工作戦-』の時の写真については、「ドラマ『華様年華~君といた季節~』と、GOT7の『NOT BY THE MOON』が入ったアルバムと一緒に準備しました」と、当時の多忙だったスケジュールも公開した。最後は新アルバム「Chapter 0:WITH」のビハインド写真。たくましい腕を出した写真が公開されて会場が湧いたが、すぐさま「筋肉は戻ります。今はないです」と、またまた正直な回答。「撮影前に一生懸命運動して、(筋肉がいい感じになったら)行きましょう!ってしました。これは努力です」と、いい写真を撮るために最善の力を注いでくれた様子がうかがえた。

お次は“Present from Jinyoung”のコーナー。足を運んでくれたファンのために、たくさんのプレゼントを用意したというジニョン。最初のプレゼントは、ジニョンがステージの上で実際に作るハーバリウム。エプロンを着け、昼公演の経験を踏まえて慣れた手つきで瓶に飾りを入れていく。用意されたピンセットやハサミは使わず、飾りを指で押し込み、不要な部分は手でちぎり、男らしく(!)ハーバリウムを作り上げていくジニョンの姿に会場はほっこりムード。赤ベースと黄色ベースのハーバリウムを2つ完成させ、最後に瓶にサインとハートマークを書き、抽選で選ばれた2人のファンにプレゼントした。その後も、5連のけん玉、ペットボトル立て、ボール投げなどのゲームを通し、「ユミの細胞たち」の胸キュン名せりふ再現やおやすみコール(動画撮影OK)、ボール投げで獲得した15個のボールにサインを入れてプレゼントなど、多くのファンに幸せが訪れた時間となった。

1

2

関連記事

  1. 福士蒼汰主演、宮野真守共演のいのうえ歌舞伎『神州無頼街』ライブビ…
  2. 月刊TVfan(テレビファン)年末年始特大号、12月14日発売
  3. 本日開幕!『新・熱海殺人事件』能條愛未×向井地美音対談インタビュ…
  4. 3月20日発売、「有超天シューター」を歌う祭nine.が今“じっ…
  5. にゃんこスター、「海月姫」でTVドラマ初出演!
  6. 台風被害を乗り越えて舞台「里見八犬伝」が開幕!
  7. 葉山奨之×伊原六花「シコふんじゃった!」インタビュー
  8. 傷を負った刑事と警察犬が名タッグに!ドラマSP「復讐捜査」囲み取…
PAGE TOP
error: Content is protected !!