ドラマ

高橋メアリージュン「闇金ウシジマくん外伝 闇金サイハラさん」インタビュー

累計2100万部突破の人気漫画を原作に、闇金融業者と債務者たちの人間模様を描いて人気を博した実写版「闇金ウシジマくん」シリーズ。その新章となる「闇金ウシジマくん外伝 闇金サイハラさん」が、9月20日からMBSとTBSの「ドラマイズム」枠で放送中。また、地上波放送の1週間前には映像配信サービスdTVほかにて先行配信中となっている。

主人公は、2014年の映画『闇金ウシジマくん Part2』から登場し、丑嶋馨(山田孝之)の宿敵となった女闇金・犀原茜。演じるのは、「アバランチ」(フジテレビ系)、「マイファミリー」(TBS系)などドラマや映画に引っ張りだこの高橋メアリージュンだ。6年ぶりとなる犀原役に、どのように挑んだのか。「ターニングポイントになった」とコメントする理由とは。

 

――犀原茜役で主演された「闇金ウシジマくん外伝 闇金サイハラさん」。出演のオファーを聞かれた時の率直なご感想は?

とにかくうれしかったです。私も犀原のスピンオフを望んでいましたし、周りの方にもやってほしいと熱望されていたので、また犀原を演じられること、そして、それを皆さんに報告できることがうれしかったです。

――今回、犀原を演じるに当たって特に意識したことは?

『Part2』で初めて犀原を演じさせていただいた時に、監督と犀原のベースを作ったので、そこからなるべくブレないように意識しました。

――ブレないためのポイントは?

犀原は感情があふれないように常に心に蓋をしていて、それでもあふれるときは叫んじゃう(笑)。しかも腹からじゃなく、喉から声を出すように叫ぶので、まずそこを意識しました。あと彼女は、目が難しくて。普通、人は叫ぶ時に目を見開くんですけど、犀原は目が死んだまま叫ぶんです(笑)。なので、顔の上下の分離が大変。技術的には、そこを意識し直しました。

――犀原率いる「ライノーローン」の村井役のマキタスポーツさん、新メンバーの硲悠斗役の宮世琉弥さんと共演した感想は?

楽しかったです。マキタさんは私が疲れないように気を使って、常に笑わせようとしてくれて。宮世くんはまだ18歳なのに、「何回人間やってきたんだろう?」って思うくらいしっかりしていて、しかもピュア。「困っちゃうな。優しい犀原になっちゃわないかな」って心配になるくらい、最高のメンバーでした。

――今回の撮影で大変だったことは?

直前のセリフ変更です。台本を覚えて撮影現場に行くと、セリフ変更の紙がひらひら〜とやってくるんですよ(笑)。「え!? ここ、一番練習してきたとこなのに…」とか思うんですけど、変わったセリフのほうが面白いから、納得してやるしかない。

――その場で急いで覚えるのですか?

はい。でもすぐにドライ(カメラなしでのリハーサル)が始まるので、覚えられないまま、とりあえず紙を持ってドライをやって。テスト(カメラありでのリハーサル)でも、まだ覚えてないんですよ。「うわ、もう本番始まった。イチかバチか! …ああ、言えた〜!」と、なぜか本番だけうまくいく(笑)。そんなセリフ変更がほぼ毎日あったので、ものすごく鍛えられました。

――楽しかったことは?

マキタさんと宮世くんといる時は、常に楽しかったです。2人とも本当にチャーミングで、カメラが回っていない時は、ずっと笑っていたくらいなので。あと、ヤクザの熊倉役の光石研さんや、債務者役の勝村政信さん、古畑星夏さん、岡崎体育さんといった共演者の方々が素晴らしくて、皆さんとお芝居をするのも楽しかったです。

――不良グループのリーダー・象山彪役を、野村周平さんが演じることも話題です。

野村さんとはライバル役。お互いにガッと力が入っていたので笑うことはなかったんですけど、光石さんが怒るシーンには耐えられなくて(笑)、笑ってNGを出したこともありました。

――今回の作品を通じて、女優として得たものはありますか?

キャスト、スタッフの方々とのご縁と愛情に恵まれたこと。スキルでいうと、やっぱり、セリフを一瞬で入れてアウトプットする集中力です。『サイハラさん』で鍛えられてからは、他の現場でセリフ変更があっても、「あ、これくらいね。全然大丈夫です」みたいな(笑)。どの現場でもリラックスして演じられるくらい、鍛えられました。

――完成したドラマ「闇金サイハラさん」の魅力、見どころは?

「闇金ウシジマくん」シリーズならではのキャラクターや世界観の“濃さ”は健在なので、元々のファンの方には「『ウシジマくん』シリーズが帰ってきた!」という感覚で楽しんでもらえると思います。「サイハラさん」ならではということで言いますと、毎回、おいしそうなラーメンが出てくるんですよ。あれは毎度、「飯テロ」になると思います(笑)。あとは、アクションも見どころ。犀原が麻雀の牌を武器に戦ったり、跳び蹴りをしたり、いろんなアクションを増量しているので、ぜひ注目していただきたいです。

1

2

関連記事

  1. Stage fan Vol.14(ステージファン) 7月27日(…
  2. 7 MEN 侍の本髙克樹主演、今野大輝出演の舞台『ROCK RE…
  3. Stagefan Vol.3発売中!
  4. 中村倫也主演ミュージカル『ルードヴィヒ』に木下晴香と福士誠治が出…
  5. 「イケメン戦国THE STAGE」の最新作が8月に上演決定!
  6. 9月上演の舞台『Birdland』に上田竜也が主演!
  7. 向田邦子の最高傑作「阿修羅のごとく」を今秋舞台化!小泉今日子、小…
  8. THE RAMPAGE from EXILE TRIBEロングイ…
PAGE TOP
error: Content is protected !!