ニュース

藤ヶ谷太輔が4年ぶりのストレートプレイでヘンリック・イプセンの名作『野鴨』に挑む!

9月に東京と大阪にて上村聡史演出、藤ヶ谷太輔主演の舞台『野鴨-Vildanden-』を上演する。

シェークスピア以後、世界で最も盛んに上演されてきた劇作家ともいわれ“近代演劇の父”と称されるノルウェーの劇作家ヘンリック・イプセンが、1884年に発表した珠玉の名作が『野鴨』。イプセンは納屋を“嘘”、外の世界を“真実”、“野鴨”を我々人間に例えることで自己欺瞞(ぎまん)によって自らを守ろうとする人間の弱さや独りよがりの正義を振りかざす愚かしさを見事に描き出した。この偉大な作品に挑戦するのは、戯曲の面白さを最大限に引き出す演出家・上村聡史。観客の想像力を刺激する演出と共に、物語の持つ命題にどのように迫るのか、注目される。

理想を追い求め、真実こそが正義だと信じてやまない“正義病”の主人公グレーゲルスを演じるのは、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔。2018年の舞台『そして僕は途方に暮れる』では平凡な青年が孤独と絶望を突然経験していく難役に挑み、静かな中にも圧倒的なエネルギーを舞台上で放ち強い印象を残した。あれから4年ぶりのストレートプレイ挑戦となる今作では、理想を追求するグレーゲルスをどのように演じるのか。歴史的名作戯曲に初めて挑む藤ヶ谷の新境地が期待される。

妻と娘に恵まれて幸せに暮らしているグレーゲルスの幼なじみ・ヤルマールを忍成修吾が、豪商ベルレと関係のあった過去を持つヤルマールの妻・ギーナを前田亜季が、ヤルマールとギーナの娘・ヘドビクを八幡みゆきが演じる。

さらに、エクダル老人と過去に確執があるグレーゲルスの父・豪商ベルレを大鷹明良が、軍の元中尉という過去の栄光から一転、今は落ちぶれてしまったヤルマールの父・エクダル老人を浅野和之が演じる。

うそ偽りの上に築かれた幸せが真実にさらされる時、果たして正義はどこに存在するのか。人々の価値観を根底から揺さぶる悲劇の結末。上村が創り出す劇空間と演技派俳優陣の肉声が融合し、これまでにない演劇体験を届ける。

 [藤ヶ谷太輔コメント]

お芝居をすること、表現をすることが大好きなので、まずはそういった環境を与えてくださり、チャンスに巡り合えたことがうれしいです。名作なので、もちろんプレッシャーもありますが、怖がらず飛び込んでいければ、と今は思っています。僕が演じるグレーゲルスは、“正義病”といわれるくらい正義感が強く、それが裏目に出てしまう役でもあります。彼の信じる正義が物語に大きく関わるのですが、きっと見てくださるお客さまもどこか他人事とは思えないと感じていただけるはずです。演出の上村さんは、以前作品を拝見したことがあり、空間の使い方や言葉の届け方がとてもすてきな印象がございます。また、上村さんと一緒にお仕事をしたことがあるA.B.C-Zの河合郁人くんからは、お芝居を一緒に考えてくださる演出家さんだと伺いました。僕も先日お会いしていろいろとお話をさせていただく中で、すでにもう信頼を置いています。この作品は、「真実」「うそ」「正義」がキーワードで、現代に通ずることがたくさんあります。お客さま自身にも見て、感じて、考えていただけることがたくさんあると思いますので、僕もしっかりそれを演じ届けられるように頑張ります。ぜひ、劇場にいらしてください。

公演は9月3日(土)~18日(日)まで東京・世田谷パブリックシアター、9月21日(水)~25日(日)まで兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホールにて。

 

関連記事

  1. 林翔太が“人魚の王子”役で主演する音楽劇『プリンス・オブ・マーメ…
  2. 長渕剛、主演映画「太陽の家」無料ライブイベント
  3. Snow Manの5thシングル「Secret Touch」ジャ…
  4. つばきファクトリー 「月刊テレビファン」未掲載の直筆メッセージを…
  5. 舞台『弱虫ペダル』SPARE BIKE篇~Heroes!!~のB…
  6. 江田剛(宇宙Six/ジャニーズJr.)今年2度目の単独主演となる…
  7. 木村拓哉 「MARK & LONA」新CM発表会
  8. 舞台「春のめざめ」が伊藤健太郎主演で再演!
PAGE TOP
error: Content is protected !!