ニュース

舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』の製作発表会見で藤原竜也、石丸幹二、向井理が抱負を語る

舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』の製作発表会見が、TBS赤坂ACTシアターで行われた。

シリーズ8作目となる舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』は、小説「ハリー・ポッター」シリーズの原作者であるイギリスの作家J.K.ローリングが自ら原案を練り上げ、「家族、愛、喪失」をテーマに「ハリー・ポッターと死の秘宝」から19年後の新たなストーリーを舞台化した作品だ。

ハリー・ポッターの世界観を忠実に再現した舞台空間や衣装、目の前で飛び交う魔法の数々、独創的で心躍る音楽など劇場で体感する全てが、観客を魔法の世界へといざなう。本作は世界では7都市目、アジアでは初上演となる。

父親となったハリー・ポッター役を藤原竜也、石丸幹二、向井理がトリプルキャストで日替わりで演じる。また、ハーマイオニー・グレンジャー役を中別府葵、早霧せいな、ロン・ウィーズリー役をエハラマサヒロ、竪山隼太、ドラコ・マルフォイ役を松田慎也、宮尾俊太郎、ジニー・ポッター役を馬渕英里何、白羽ゆり、アルバス・ポッター役を藤田悠、福山康平、スコーピウス・マルフォイ役を門田宗大、斉藤莉生、そしてマクゴナガル校長役を榊原郁恵、高橋ひとみがそれぞれダブルキャストで務める。

製作発表会見には、藤原、石丸、向井をはじめとして、榊原、高橋、中別府、早霧、エハラ、竪山、藤田、福山、門田、斉藤が舞台上に登壇。

ハリー・ポッター役の藤原、石丸、向井の3人が公演へ向けての思いを語った。

藤原は、「(出演が決まって)今までの演劇人生とは違ったものにチャレンジさせてもらえると興奮しました」と述べ、「優秀なスタッフに導かれながら頑張っています。まだプレビューまで1カ月残っているので、理想とする『ハリー・ポッター』を完成させるために、もう一踏ん張り、優秀なスタッフに導かれながら共に頑張りたい。“光”が大きなテーマになっているので、(コロナ禍の)暗い大変な時代を共有した僕らにとってもこの作品が日本の演劇界の光にもなれば、より前進できるんじゃないかなと思う」と熱く抱負を語った。

石丸は、「大ブームになるんじゃないかな。一瞬で魔法の世界に飛び込めるような作品です。魔法のシーンはどれも見どころですが、僕が気に入っているのは変身魔法。これは説明できないので、客席で体感してほしい」と自身も楽しみにしている様子。役のイメージについて問われると「ハリーも大人になっていて、魔法省の企業戦士としてバリバリ働いている一方で、家庭では思春期の子どもと向き合えないようなお父さんでもある。そんなハリーを演じるのは一筋縄ではいきませんが、どうか楽しみにしていてほしいです」と思いを伝えた。

向井は「魔法ざんまいで、どれもが見どころです。劇場に入った瞬間に、魔法の世界に飛び込めて3時間半もあっという間ですよ」とアピール。「数分に1回のペースで劇場全体にイリュージョンが仕掛けられていて、どの座席からもそれを体験できるし、映像ではできない、舞台ならではの怖さと面白さ、楽しさがある。魔法の世界観ではありますが、生身の人間としてステージに立っていられるようにお芝居を組み立てたいです」と公演までの道を見据えた。

公演は東京・TBS赤坂ACTシアターにて、プレビュー公演が6月16日(木)から7月7日(木)まで行われた後、7月8日(金)から本公演がスタート、無期限でロングラン上演される。

サブl

撮影◎宮川舞子 ©TBS/ホリプロ

 

関連記事

  1. 「EXILE LIVE TOUR 2021 “RED PHOEN…
  2. ミュージカル『新テニスの王子様』RevolutionLive20…
  3. 音楽朗読劇『マインド・リマインド~I am…~』開幕!
  4. Kalafina初のドキュメンタリー映画公開へ
  5. 脚本家・谷碧仁と演出家・シライケイタの初タッグで贈る!PARCO…
  6. ABEMAとネルケプランニングが初タッグ!俳優育成オーディション…
  7. 一夜限りのライブ配信「プレイタイム」が特別編集版にてオンデマンド…
  8. 池田朱那が制服姿でキャッチボールの腕前を披露! 青春体験型野球ゲ…
PAGE TOP
error: Content is protected !!