ニュース

ØMI、2年ぶりアリーナツアーを完走「大切なことを気付かせてくれたツアーでした」

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの登坂広臣によるソロプロジェクト、ØMIによるツアー「ØMI LIVE TOUR 2022 “ANSWER…”」のファイナル公演が4月28日、愛知・日本ガイシホールで行われた。本ツアーは、3rdアルバム「ANSWER…」を携えた全国9会場17公演を巡る2年ぶりのアリーナツアーだ。前作アルバム「Who Are You?」での問い掛けに対して答えを出した新作。その世界観をもって、ØMIがステージで見せた”ANSWER”とはどんなものだったのだろうか。
まず、PSYCHIC FEVERがオープニングライブで登場。アリーナの熱気に押されることのない堂々たるパフォーマンスで、オーディエンスを盛り上げる。

omi _01
カウントダウンから、ØMIがプロデュースするプロジェクト「CDL entertainment」のロゴとともにオープニング映像がスタート。何かに追われるようにして走るØMI。まるで映画を見ているかのような演出に引き込まれると、「ANSWER… SHADOW」がモノクロ調の映像とともに披露されてライブが開幕した。まだ映像のみで、ステージ上にØMIの姿はない。
間もなく炎の中にいるØMIが映り、ディスプレイが2つに割れて…。
ØMIとダンサーたち、「ANSWER」シリーズのMVでおなじみのアルテミス像が印象的に登場し、観客が一斉に立ち上がる。黒のセットアップをまとってシックな雰囲気をまとったØMIが「Can You See The Light」「Nobody Knows」を続けて響かせた。
高音のヘッドボイスがさえた「NAKED LOVE」エンディングから、ピアノの寂しげなイントロにØMIの歌が乗って始まる「OVERDOSE」はドラマチックだ。ラテン調の「BLUE SAPPHIRE」と多彩な音楽性で観客を魅了していく。ディスプレイにはØMIの顔にしたたる幾筋もの汗が光った。
バックダンサーなしでパフォーマンスされた「Give up」は、海に潜ったような映像とリリックが泡になって消えていく神秘的な演出。続く「Colorblind」は再びダンサーと現れ、月が映る演出をバックに群舞を披露してからアウトロで全員が退場した。
映像がインタールード的に挟まれ、その中でØMIが突然現れた謎の存在を撃ち抜くと「Chapter2 SHINE」の文字。ここから後半戦となる。
この日のサポートバンドはHIDEKI ANDO(Key)、Lorenzo Braceful(Dr)、YUMA HARA(Gt)、MARIO(Ba)。彼らの華やかでありながら堅実なプレイが、本公演を支えていた。

omi_02
第2章、オールホワイトの衣装で登場したØMIは「皆さん楽しんでくれていますか?ここからは『SHINE』。光の世界となります」と会場に語り掛け、「SHINE」の80’sテイストなグルーブで音楽的にも変化を付けていく。さらに「You (Prod. SUGA of BTS)」。内省的だった前チャプターとは違い、自然の映像をバックに明るく歌い上げる。オーディエンスも青いライトもさらに細かく、激しく揺れている。
「ファイナルまで来ることができました。実現できるのか不安もある中でスタートして、一公演ずつかみ締めてきて。これまでたくさんライブをしてきましたが、特に思いが詰まった内容になっています。あっという間に気付いたら最後の日。最後まで心を込めて駆け抜けたいです。この景色、会場、僕のエンターテインメントを目と心に焼き付けてください」と今の思いを語る。さらに名古屋での思い出話や「僕よりもみんながMVP」とスタッフや共演者を称える場面では、会場から温かい拍手が巻き起こった。
いよいよ本編も大詰め。空の変化とともに物語が進行していく。満点の星空を「Starlight」で描き、「HEY」では全員のジャンプで会場が揺れた。夕暮れの「DIAMOND SUNSET」に続く「Just the way you are」では青空の映像とともに爽やかに歌唱。エンディングの伸びやかなフェイクを披露するØMIは、感慨深げな表情だった。

再びØMIがマイクを持つ。「『ANSWER…』に、伝えたい思いを楽曲に込められたと思っています。自分自身が何者なのか、という問い掛けを前作『Who Are You?』でやって、その答えとして自分の光と影を見せようと『ANSWER…』をつくりました。自分を見失ったり、仲間が見えなくなったり、大切なファンが敵に見えてしまったり、ステージに上がるのが怖くなったり。恐怖や孤独がありながらも、自分を奮い立たせてきた12年だったなと思います。今まで自信を持って言えなかったけど、確信に変わったこと。それは『自分がアーティストになるためにこの世界に生まれて、ファンのみんなと出会う運命だった』ということです。あまりに簡単だけど、あまりに大切なことを気付かせてくれたツアーでした」
ØMIの言葉に耳を傾けるオーディエンスで会場が静寂に包まれる中、「すてきな空が笑い掛けてくれることを願って」と本編最後に歌われたのは「After the rain」だった。壮大な展開とサビ終わりのØMIの〈You〉の高音が切なく響くと、涙を流しながら聴いているファンの姿も見られた。
「世界中にたくさんのアーティストがいる中で、同じ時代に出会ってくれた皆さん、ありがとうございました」。
12年間走り続けてきたØMIの集大成に胸を射たれつつ、本編が終わった。

1

2

関連記事

  1. 「MOCO’S キッチン」シンガポール編がスタート!
  2. HKT48 春の関東ツアー2017 ツアーファイナル
  3. 辻本達規が夢の教師役に!ドラマ「おいしい給食」単独インタビュー
  4. 月刊TVfan10月24日発売号「イケメンDREAMあかでみぃ」…
  5. 「月刊TVfan」9月号 7月24日(火)発売!
  6. ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.3が今年8月に東京・大阪…
  7. V6、トニセン舞台「カノトイハナサガモノラ」会見
  8. 福本莉子インタビュー!ドラマ「歴史迷宮からの脱出 ~リアル脱出ゲ…
PAGE TOP
error: Content is protected !!