ニュース

A.B.C-Zの戸塚祥太主演、内博貴共演の舞台『フォーティンブラス』が開幕!

A.B.C-Zの戸塚祥太が主演、内博貴らが共演する舞台『フォーティンブラス』が、8月19日に東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで開幕。初日公演を前に、公開ゲネプロと取材会が行われた。

フォーティンブラスは、シェークスピアの代表作「ハムレット」の中でたった2回だけ登場するノルウェーの王子の名前で、この役にスポットを当てて横内謙介が俳優の視点から1990年に書き下ろした作品。中屋敷法仁の演出で送る。

本作では、戸塚祥太が「脇役」である大部屋俳優の羽沢武年(フォーティンブラス)を、内博貴が大スター役を演じている。出演はほかに能條愛未矢島舞美富岡晃一郎納谷健吉田美佳子新原武吉田智則ら。

公開ゲネプロ後の取材会には、戸塚、内、能條、矢島と、演出の中屋敷が登壇した。サブ1

羽沢役の戸塚は「僕は羽沢武年という大部屋の脇役俳優を演じています。脇役とはいえ、お芝居に対しての愛情をしっかり持っていて、それ故にゆがんだ部分がある、複雑な人間味のある役です。今回、内と(ジャニーズ作品以外の)外部舞台で初めて共演できる機会を頂いて、演技のスイッチが入る内を同じ板の上という一番の特等席で見られるのがとてもうれしいです。…初日の幕が開きますが、観劇に来てくれる方に、元気、勇気、笑顔を少しでも届けられるように、このチームで、最後まで小さな奇跡を毎日重ねていきたいです」と初日を迎えての意気込みを語った。

サブ2

内は「僕が演じている役はもう無茶苦茶ですが、僕なりに振り切ってやらせていただいてます。常に100%で上から物を言うタイプなので、本当にパワーを使います。本当の僕とは違いますからね、やったことのない役なので、やりがいは感じますね」と役への思いを述べ、「とっつー(戸塚)とは気心知れた仲なので、いつか外部舞台で一緒に出演できたらいいねと昔から話していたのですが、まさか本当に一緒にできるとは思っていませんでした。稽古からとっつーの芝居を間近で見て、ずっと笑っていました」と、お互いが共演を楽しみにしている様子だった。公演は、8月29日(日)まで同所にて。

サブ3

撮影◎田中亜紀

関連記事

  1. 江田剛(宇宙Six/ジャニーズJr.)今年2度目の単独主演となる…
  2. ピューリッツァー賞受賞の戦場カメラマンを描いた舞台が馬場良馬と安…
  3. 結成20周年を迎える演劇ユニット*pnish*の新作公演が開幕!…
  4. 舞台『鬼滅の刃』新作、2021年夏公演決定!!
  5. THE RAMPAGE「夢」がテーマの爽やかな新曲「LIVING…
  6. 『あんさんぶるスターズ!THE STAGE』-Party Liv…
  7. 「Stage fan vol.7」2020年1月27日(月)発売…
  8. 中居正広の新番組「新・日本男児と中居」5/3放送スタート
PAGE TOP
error: Content is protected !!