ニュース

東山紀之が2002年以来 21年ぶりのディナーショーを開催!

2002年12月に実施されたソロでのディナーショー以来、実に21年ぶりの開催となった「東山紀之 DINNER SHOW 2023」。

大阪では、帝国ホテル大阪(孔雀の間)にて12/21(木)-12/22(金)、東京ではANAインターコンチネンタルホテル東京(ボールルーム・プロミネンス)にて12/25(月)-12/26(火)の計6公演を駆け抜けた。

ショータイムの開幕を告げる鐘がなるや、場内のお客様からは、早くも歓声と手拍子が。

鈴の音が響くなかバンドメンバーが入場し期待感が高まる中、純白のマイクを手にした白燕尾服姿の東山が客席サイドから登場。

大歓声と手拍子を全身で浴びながら客席通路を練り歩いてステージに上がると、1曲目「FUNKY FLUSHIN’」を。続けて、「皆様ようこそ!ANAインターコンチネンタルホテル東京へ!元気だった?今日は21年ぶりのディナーショーです!久しぶりに思いっきりやります!最後までゆっくりと席についてお楽しみください!」と挨拶を挟みつつ、「ABC」をキレのあるステップとターン、ダンサーとの華麗な群舞で披露。

激しいダンスナンバーから一転、「愛の手紙」ではバラードナンバーをしっとりと。そのシックな雰囲気のまま、ディナーショーならではの演出であるキャンドルサービスへ。各テーブルの蠟燭に炎がともり、場内はより一層華やかな雰囲気に包まれると客席の皆様から温かい拍手が沸き起こった。

続く「The longest night」ではゴージャスな深紅のベロアジャケットスタイルでミュージカルのワンシーンのようなダンサーとの群舞でステージを右へ左へステップを踏みながら激しいダンスを繰り広げたあとはMCタイムへ。

「皆さん、ようこそ!スゴイねやっぱり。最後となると皆さんのリアクションも素晴らしい(笑)。ポーズを取るたびに『ヒー!』とか『フー!』とか『アー』とかいろんな声が聞こえて(笑)」と、その盛り上がりに驚きの表情。せっかくだからと客席の皆様とQ&Aコーナーを楽しむひとときも挟みつつ、そして「ダンスナンバーが多い中、こういった曲もたまに歌うといいんじゃないかと」と告げると、ミディアムバラード「キッチン!」「HEARTS」など穏やかなナンバーを温かい歌声でお届け。客席サイドのミニステージや後方ステージからの移動中にはファンの皆さんとの交流を楽しみながら歌い上げた。

続いて色とりどりの青いライトが場内に浮かび上がると、指を鳴らす音と印象的な旋律から「君だけに」をメインステージから伸びやかな歌声で情感たっぷりに。

ジャジーなナンバー「まいったネ 今夜」では、ジャケットの裾を払うクールな振付や顔の位置まで長い脚を高々と上げるポーズも。軽快にステップを踏みながらダンサーと圧巻のパフォーマンスで場内のボルテージを一層上げていく。

さらに「ふたり」を歌い上げると、スクリーンには現在の姿とデビュー当時の初々しい東山の写真がオーバーラップするように映し出され、「1985年にデビューして38年。よきときも大変なときも、常に励まし、支えてくれて本当にありがとう。皆さんの笑顔に何度救われたか…数え切れません。今日ここで、様々な場面を皆さんとともに振り返り、感謝を伝えたいと思います。ご覧ください!」と東山。

スクリーンには、少年隊のメンバー・植草克秀と錦織一清のデビュー当時の写真が浮かび上がり、次いで少年隊の数々のコンサート、ミュージカルPLAYZON、映画の撮影現場…などなど懐かしい映像が。加えて3人の当時の歌声が間断なく響き渡ると、<NORIYUKI HIGASHIYAMA HISTORY MEDLEY>の文字が掲げられ、黒燕尾服に身を包んだ東山が「What’s your name?」から「Baby Baby Baby」まで怒涛のダンスを中心に畳みかけるノンストップメドレー!リリース当時のオリジナル・ダンスをベースに繰り広げられるのは他の追随を許さない圧倒的なステージ。

フロアに膝をついたダンスで魅せる「STRIPE BLUE」、東山本人も印象深いと語っていたマイケル・ピータース氏の細やかなステップが魅力的な振付の「ダイヤモンド・アイズ」、冒頭のポージングからめくるめくグラインドダンスまで息をつかせぬ「仮面舞踏会」、しなやかな腕のポーズも当時のままの「バラードのように眠れ」、それらの圧倒的な運動量をものともしないパワフルな歌声と共に繰り広げた。

客席通路からの曲披露もはさみつつ、場内の手拍子を全身に浴びながら「Baby Baby Baby」まで歌い上げたあとは「皆さん!今まで本当にどうもありがとう!皆さんのお陰で素敵な青春を作ることが出来ました。最後にこの曲を皆さんにお届けします」と「星屑のスパンコール」を。ミラーボールが星空のように場内を照らすなか、ありったけの想いをこめて歌い上げたあとは、「皆さんありがとう!どうかお元気で!」と、メインステージから三方へそれぞれ深々と一礼しステージを後にした。

1

2

関連記事

  1. 「東宝シンデレラ」6年ぶり開催決定!新たに「TOHO NEW F…
  2. 『薔薇とサムライ2-海賊女王の帰還-』のゲキ×シネ&ブルーレイ化…
  3. 野村周平×藤井夏恋「会社は学校じゃねぇんだよ 新世代逆襲編」イン…
  4. ふぉ~ゆ~ 主演エンタテインメント・ショー「ENTA !4 4U…
  5. つかこうへいの「銀幕の果てに」初演が開幕 矢島舞美、味方良介らが…
  6. B1A4のジニョンがドラマファンミーティングで来日
  7. 約2年半の眠りから再び目覚める!舞台『宇宙戦艦ティラミス』最新作…
  8. デーモン閣下が歌う舞台『両国花錦闘士』の主題歌が決定!
PAGE TOP
error: Content is protected !!