ニュース

板尾創路×松田凌のW主演で送る問題作!舞台『聖なる怪物』2023年3月上演

2023年3月10日(金)から新国立劇場 小劇場にて、舞台『聖なる怪物』を上演することが決定した。

舞台『聖なる怪物』は、新進気鋭の女性映画監督・甲斐さやかによるオリジナル脚本。

甲斐は誘拐事件の数十年後を舞台に、あいまいな記憶と人間の存在意義について描いた『赤い雪Red Snow』で長編映画監督デビューし、同作では日本を代表する実力派俳優らが自ら出演を望み、世界的評価を集めた。

そんな甲斐の初舞台作となる舞台『聖なる怪物』は、信仰心と神の存在を問い掛ける作品。ときにホラーとも受け取れるほど鋭く人間模様を描き出す映画監督としての感性を、演劇でしか味わえない生の空間に掛け合わし、よりテーマが研ぎ澄まされ見る者の感覚に鋭く刺さるような新しい演劇体験をもたらしている。観劇後の心に深い余韻を残す、臨場感のある世界観を展開していく。

本作の主演は、お笑い芸人として確たる地位を築き近年では映画監督や俳優としても唯一無二の存在感を放つ板尾創路と、12年ミュージカル『薄桜鬼』で舞台初出演にして初主演を務め、以後多くの作品での活躍が目覚ましい松田凌がW主演として務める。

板尾は教誨のため刑務所を訪れる山川神父役を、松田は自らのことを神と呼ぶ死刑囚・町月を演じる。さらに、敬虔な信者で娘が行方不明になったことを山川神父に相談する母親・真知子役には、デビュー当時から変わらないキュートな笑顔で活躍を続ける石田ひかりを迎えた。

教誨のため刑務所を訪れた山川神父が、新たに向き合うことになった死刑囚・町月。その死刑囚は自らのことを神と呼んだ。それ以来、山川の周りで不可解な出来事が起きていく。町月の存在は、果たして神か、ぺテン師か、それとも怪物か…。

強いメッセージ性と鋭い演出で、観客の心を徹底的に揺さぶる問題作が登場する。

[板尾創路コメント]

そういえば、舞台やってないな、と思っていた時にオファーを頂き、うれしかったです。なんだかんだ言って舞台は大変ですが、一番やりがいと達成感があり、役者として成長することができます。見に来て良かったと思っていただけるよう全力で頑張ります。

[松田凌コメント]

今作のお話を頂いた時、何かに吸い込まれるようにやりたいと思ったのを覚えています。それから出演を懇願しまして、誠にありがたく実現しました。板の上でいかなるものを体現していけるのか、全く想像がつきません。この身と心をもって尽力し、皆さまと共に探していきたいと思います。その「何か」を。

[石田ひかりコメント]

ある一つの舞台を終えて間もなくこちらのお話を頂き、一瞬どうしようと思ったのですが、主演が大ファンの板尾さんだと聞いて、絶対にご一緒したいと思い決意しました。幼稚園の先生のような柔らかな印象の甲斐さんが書かれたとは思えない鋭さとスピード感のある戯曲は、読めば読むほど「これ面白いやつじゃん!!」と早くも猛烈にやりがいを感じています。少人数での芝居は緊張感があり楽しいです。皆さまどうぞご期待ください。稽古頑張ります。

 

公演は2023年3月10日(金)~19日(日)まで東京・新国立劇場 小劇場にて。

関連記事

  1. 夏目漱石「坊ちゃん」の“赤シャツ”が主人公の傑作喜劇にジャニーズ…
  2. 『滝沢歌舞伎ZERO 2022』詳細決定&ビジュアル公開!
  3. ジャニーズJr.の4人が笑顔の裏で悪戦苦闘!?舞台『野暮兄弟と小…
  4. SKE48シングル「意外にマンゴー」リリース記念ライブが名古屋・…
  5. Hey! Say! JUMPが宮城県をPR、夏の宮城へジャンプし…
  6. 大好評を博した大地真央&花總まりW主演のコメディー『おかしな二人…
  7. BOYS AND MENのニューシングル「進化理論」がオリコンデ…
  8. 高野洸×ゲーム、黒羽麻璃央×野球、岡宮来夢×バスケ、エンターテイ…
PAGE TOP
error: Content is protected !!