ニュース

井之脇海が舞台初主演!診察室が舞台の会話劇『エレファント・ソング』5月上演

先般公演が発表されていた、5月にPARCO劇場にて上演のPARCO PRODUCE 2022『エレファント・ソング』。病院の診察室を舞台に繰り広げられる緊張感あふれる推理スリラーだ。本作のメインビジュアルが公開され、愛知・大阪公演の詳細が決定した。

2002年にカナダの作家ニコラス・ビヨンによって書かれ、03年から10年にかけてモントリオールを中心に舞台を上演。その後、オーストラリア、ロンドン、ニューヨーク、韓国など世界でも上演された傑作だ。カナダの映画監督で俳優のグザビエ・ドランがこの本にほれ込み、14年には自身が主演を務めて映画化されたことでも知られている。

突然失踪したローレンス医師の所在を知るために、彼が担当していた患者マイケルとの対話を試みる病院長グリーンバーグ。真偽の分からない会話や、象についての意味のない無駄話にこだわるマイケルと、彼の言葉にほんろうされ続けるグリーンバーグ院長との診察室で繰り広げられる心理戦。驚くべき結末に向けて、緊張感あふれる会話劇が展開する。

本作が初の舞台主演となる井之脇海が、一筋縄ではいかないマイケルを演じる。失踪したローレンス医師の所在を探るべくマイケルとの対話を試みるグリーンバーグ院長役に、ベテラン実力派俳優の寺脇康文、マイケルとの普段のやり取りに辟易している看護師役にほりすみこ。3人の老若男女の実力派俳優たちで展開する、見応えのある緊迫した会話劇となっている。演出は宮田慶子が務める。

[マイケル役:井之脇海コメント]

映画版でグザビエ・ドランが、「マイケルは僕だ」と出演を熱望したそうですが、僕も今回戯曲を読んで、直感的に「マイケルを演じるのは僕だ」と強く思いました。演劇初主演で不安な点もたくさんありますが、大先輩の寺脇さん、ほりさん、演出の宮田さんの胸をお借りして、僕なりのマイケルを探していきたいです。どんな舞台になるのか僕自身わくわくしています。ぜひ楽しみにしていてください。

公演は5月4日(木)〜22日(日)まで東京・PARCO劇場、5月25日(水)愛知・刈谷市総合文化センター アイリス大ホール、5月28日(土)大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールにて。

 

 

関連記事

  1. SKE48 全国ツアー再始動!千葉公演レポート
  2. Snow Man 渡辺翔太「SBC湘南美容クリニック」新CM発表…
  3. 「EXILE LIVE TOUR 2021“RED PHOENI…
  4. 小川優(ジャニーズJr.)の単独初主演舞台!転生歴史大河『淡海乃…
  5. THE RAMPAGE from EXILE TRIBE取材オフ…
  6. 「橘ケンチのSAKE JAPAN」YouTube開設!白糸酒造と…
  7. BOYS AND MENのニューシングル「進化理論」がオリコンデ…
  8. 舞台『刀剣乱舞』大坂冬の陣/大坂夏の陣 公演の追加キャストが決定…
PAGE TOP
error: Content is protected !!