ニュース

甲本雅裕と浜中文一の二人芝居!舞台『テ―バスランド』6月上演!

6月にKAAT神奈川芸術劇場 大スタジオにて、甲本雅裕と浜中文一の二人芝居の舞台『テーバスランド』を上演する。

舞台『テーバスランド』は、スペイン語演劇圏で今最も注目を集める劇作家セルジオ・ブランコによる衝撃作だ。現代の神話をモチーフに演劇を創作するうち、いつしか現実と虚構が交錯していく…というストーリー。

モンテビデオで初演されて以降、ラテンアメリカ、ヨーロッパ諸国、インドでも上演され、世界中の観客の心をわしづかみにしてきた本作。2016 年には「オフ・ウエスト・エンド・シアター・アワード」で最優秀製作賞を受賞。このたび、日本初演となる。

登場人物は、甲本雅裕演じる劇作家のS、浜中文一が演じ分ける受刑者マルティンと俳優フェデリコ。

劇作家Sは演劇作品『テーバスランド』を企画し、制作した経緯を回想しながら観客に語る。現代のオイディプスを求めていた劇作家Sは、父親殺しの罪で終身刑に処されていたマルティンという受刑者と出会う。交流を重ね、次第に心を開いてゆくマルティン。劇作家Sは彼のストーリーを上演するために俳優フェデリコを起用、作品が組み立てられていくが――。

作家Sを演じるのは、朝の連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(NHK)での印象も記憶に新しい甲本。さまざまな作品で悪を演じれば内に秘めた狂気を、善を演じれば見ている者もつられてしまう印象的な笑顔を。日常の中に存在するリアルな表現で、観客を引き付けて離さない懐深い表現力は本作でもいかんなく発揮されることだろう。

受刑者マルティンと俳優フェデリコの演じ分けという挑戦に挑むのは、舞台を中心に活動しながら培ってきた硬軟自在に演じ分ける演技力と、きっぷの良い演技で多方面から引っ張りだこの浜中。仮屋浩子が翻訳、大澤遊が演出を手掛ける。

たった二人で創り上げてゆく、濃密な世界。劇作家Sとフェデリコが創り上げてゆく過程で見えてくるマルティンとフェデリコの奇妙な共通点、現実と虚構の交錯、そして絶望の先に見える一筋の光。私ではない誰かと出会う、出会いの物語。どうぞご期待のほどを。

[甲本雅裕コメント]

久々の舞台で緊張しています! いつも緊張していますが(笑)。しかも今回は初の二人芝居ですし、せりふ量も半端ない! とにかく浜中さん、大澤さんと3人で煮詰めて煮詰めて地獄のような天国、テンバーランドを築き上げたいと思っております。そして、いい緊張感をお届けできるよう、ずっと緊張したままでいたいと思います(笑)。

[浜中文一コメント]

今回、『テ―バスランド』に出演させていただきます、浜中文一です。僕自身、二人芝居が初めてだったり、甲本さんとご一緒させてもらえることだったり、いろんな楽しみがある作品です。初挑戦の二人芝居、稽古から千秋楽までの限られた時間を思いっきり楽しみたいと思います。皆さまの心を動かせるように稽古しますので、このようなご時世ではありますが、目の前で起きるドラマを感じにきてください。

公演は6月17日(金)~7月3日(日)まで、神奈川・KAAT神奈川劇実劇場 大スタジオにて。

 

 

 

 

関連記事

  1. 「月刊TVfan」(月刊テレビファン)3月号 1月24日(月)発…
  2. 北村諒ら出演の「劇団『ドラマティカ』ACT2」が開幕!7月8日か…
  3. ミュージカル「青春‐AOHARU‐鉄道」の ライブ公演開催と公式…
  4. Stage fan Vol.12(ステージファン)3月27日(土…
  5. みんなが主役!SKE48 59人のソロコンサート
  6. TVアニメ「薔薇王の葬列」初舞台化!6月に日本青年館にて上演
  7. 佐藤勝利の初単独主演舞台「ブライトン・ビーチ回顧録」取材会
  8. 江田剛(宇宙Six/ジャニーズJr.)が舞台『知恵と希望と極悪キ…
PAGE TOP
error: Content is protected !!