ドラマ

新連続ドラマ「正義のセ」 吉高由里子「尽力することが正義!」

20180404NW00190

4/11スタートの新連続ドラマ「正義のセ」(日本テレビ系、毎週水曜 後10.00~)の囲み取材が4日、都内で行われ、吉高由里子、安田顕、三浦翔平、塚地武雅、原作者・阿川佐和子が出席した。

「正義のセ」は、阿川の同名シリーズ小説を原作に、仕事も恋も諦めない新米検事・竹村凜々子(吉高)が真っすぐに事件に取り組み、検事として女性としても成長する姿を描く痛快お仕事ドラマ。

原作者の阿川は「原作は原作、別物として楽しんでもらえれば。セットも素敵でキャストも豪華。いい男だらけね」と褒めると、すかさず「ありがとうございます!」と塚地が感謝し、「いい男やらせてもらっています!」と笑いを誘っていた。

主演の吉高は現場では紅一点。吉高の現場での様子について、安田は「他の人だと『ふざけるなよ!』と思うことも、吉高さんがやると場が明るくなる。それが(現場が)和気あいあいとする原因なのでは」と話し、続いて三浦も「天真爛漫で自然体」と吉高を絶賛。そんな言葉を受けて吉高は「後で(皆さんに)ポケットからお金を…」と冗談で返していた。

吉高は共演者について「三浦さん、やっぱりカッコいい。テストまで苦戦していたセリフも本番ではさらっと言えちゃう。私は全然言えないのに…」と尊敬のまなざし。「プレッシャーにも打ち勝つスター性は負けてられない!」と意気込んだ。

最後に、信念を貫き通す凜々子の正義感のように「自分の中で絶対譲れないものは?」と聞かれると、吉高は「数字がどうであれ、見てくださる人が一人でもいる限り、尽力するということが『正義のセ』にとっての正義だと思っています」と答え、共演者たちから「座長っぽい!」と拍手が。吉高は照れ笑いを浮かべ、愛される座長っぷりを発揮していた。

 

関連記事

  1. IMG_2489 笑いあり、涙あり。松本利夫、2016年の奮闘を振り返る
  2. にゃんこスター にゃんこスター、「海月姫」でTVドラマ初出演!
  3. 『GRIEF7』Sin#2チラシ表 幸せとは?愛とは?を問う「GRIEF7」の続編を上演!
  4. 画像① 「GENERATIONS高校TV」生放送で片寄涼太の誕生日を祝福…
  5. M1_1B6A4127re SKE48 全国ツアー新潟公演開催! さいたまスーパーアリーナ公…
  6. 1 捜査一課長が“一日船長”に! 内藤剛志が納涼船で乾杯!
  7. SURVIVOR_fix キーファー・サザーランド主演「サバイバー: 宿命の大統領」が 1…
  8. tvfan_告知_2019年02月号 月刊TVfan(テレビファン)年末年始特大号、12月14日発売
PAGE TOP