ドラマ

新連続ドラマ「正義のセ」 吉高由里子「尽力することが正義!」

20180404NW00190

4/11スタートの新連続ドラマ「正義のセ」(日本テレビ系、毎週水曜 後10.00~)の囲み取材が4日、都内で行われ、吉高由里子、安田顕、三浦翔平、塚地武雅、原作者・阿川佐和子が出席した。

「正義のセ」は、阿川の同名シリーズ小説を原作に、仕事も恋も諦めない新米検事・竹村凜々子(吉高)が真っすぐに事件に取り組み、検事として女性としても成長する姿を描く痛快お仕事ドラマ。

原作者の阿川は「原作は原作、別物として楽しんでもらえれば。セットも素敵でキャストも豪華。いい男だらけね」と褒めると、すかさず「ありがとうございます!」と塚地が感謝し、「いい男やらせてもらっています!」と笑いを誘っていた。

主演の吉高は現場では紅一点。吉高の現場での様子について、安田は「他の人だと『ふざけるなよ!』と思うことも、吉高さんがやると場が明るくなる。それが(現場が)和気あいあいとする原因なのでは」と話し、続いて三浦も「天真爛漫で自然体」と吉高を絶賛。そんな言葉を受けて吉高は「後で(皆さんに)ポケットからお金を…」と冗談で返していた。

吉高は共演者について「三浦さん、やっぱりカッコいい。テストまで苦戦していたセリフも本番ではさらっと言えちゃう。私は全然言えないのに…」と尊敬のまなざし。「プレッシャーにも打ち勝つスター性は負けてられない!」と意気込んだ。

最後に、信念を貫き通す凜々子の正義感のように「自分の中で絶対譲れないものは?」と聞かれると、吉高は「数字がどうであれ、見てくださる人が一人でもいる限り、尽力するということが『正義のセ』にとっての正義だと思っています」と答え、共演者たちから「座長っぽい!」と拍手が。吉高は照れ笑いを浮かべ、愛される座長っぷりを発揮していた。

 

関連記事

  1. 3JSB_future_4996-1 三代目JSB約2年ぶりのオリジナル・アルバム「FUTURE」より…
  2. p_yamamotoryota 山田ジャパン公演で山本亮太が単独初主演を果たす!
  3. 001-2 南口奈々(GEM)が愛猫と驚異のシンクロ!?
  4. 室龍太 『ON AIR ~この音をきみに~』で室龍太が東京にて初主演舞台…
  5. カンテレがカメテレに_写真 亀梨和也主演「FINAL CUT」第4話は急展開!? 1・2・3…
  6. crossWEB_34 TVfan CROSS Vol.34(テレビファンクロス Vol…
  7. 3枚目_IMG_6997 TRYZERO メンバー13人のプロフィールを徹底解剖!
  8. BFO_visual_L 12年ぶりに坂本昌行のピーター・アレンが 帰ってきた! 寺西拓人…
PAGE TOP
error: Content is protected !!