ドラマ

新連続ドラマ「正義のセ」 吉高由里子「尽力することが正義!」

20180404NW00190

4/11スタートの新連続ドラマ「正義のセ」(日本テレビ系、毎週水曜 後10.00~)の囲み取材が4日、都内で行われ、吉高由里子、安田顕、三浦翔平、塚地武雅、原作者・阿川佐和子が出席した。

「正義のセ」は、阿川の同名シリーズ小説を原作に、仕事も恋も諦めない新米検事・竹村凜々子(吉高)が真っすぐに事件に取り組み、検事として女性としても成長する姿を描く痛快お仕事ドラマ。

原作者の阿川は「原作は原作、別物として楽しんでもらえれば。セットも素敵でキャストも豪華。いい男だらけね」と褒めると、すかさず「ありがとうございます!」と塚地が感謝し、「いい男やらせてもらっています!」と笑いを誘っていた。

主演の吉高は現場では紅一点。吉高の現場での様子について、安田は「他の人だと『ふざけるなよ!』と思うことも、吉高さんがやると場が明るくなる。それが(現場が)和気あいあいとする原因なのでは」と話し、続いて三浦も「天真爛漫で自然体」と吉高を絶賛。そんな言葉を受けて吉高は「後で(皆さんに)ポケットからお金を…」と冗談で返していた。

吉高は共演者について「三浦さん、やっぱりカッコいい。テストまで苦戦していたセリフも本番ではさらっと言えちゃう。私は全然言えないのに…」と尊敬のまなざし。「プレッシャーにも打ち勝つスター性は負けてられない!」と意気込んだ。

最後に、信念を貫き通す凜々子の正義感のように「自分の中で絶対譲れないものは?」と聞かれると、吉高は「数字がどうであれ、見てくださる人が一人でもいる限り、尽力するということが『正義のセ』にとっての正義だと思っています」と答え、共演者たちから「座長っぽい!」と拍手が。吉高は照れ笑いを浮かべ、愛される座長っぷりを発揮していた。

 

関連記事

  1. ★舞台「文豪ストレイドッグス 太宰、中也、十五歳_」メインビジュアル 舞台『文豪ストレイドッグス』第6弾のビジュアル&公演詳細解禁!
  2. SOH2140 一夜限りのライブ配信「プレイタイム」が特別編集版にてオンデマンド…
  3. 橘ケンチ(寄り) 橘ケンチのインタビューも掲載!福井嶺北のそばの魅力を収めたフリー…
  4. new3ショット 「オレのほうがカッコいいよ!」 ael-アエル-が登場!「イケメ…
  5. ロビン_KV_a 7 MEN 侍/ジャニーズJr.の本髙克樹と今野大輝が再び共演す…
  6. 01.____ 橘ケンチ×新政酒造によるコラボ日本酒「涅槃龜橘」12月5日発売!…
  7. Op.110ベートーヴェン「不滅の恋人」の_手紙 ベートーベン生誕250周年を彩る日本発の物語!不滅の恋人・アント…
  8. 20年05月号_表紙 「月刊TVfan」(月刊テレビファン)5月号 3月24日(火)発…
PAGE TOP
error: Content is protected !!