ニュース

8th Single「STOP FOR NOTHING」をリリースしたFANTASTICSに特大ボリュームインタビュー!

キャッチ_MRN_4939

リード曲は、クリエーティブ・ディレクターの佐藤可士和とEXILE HIROによる次世代KIDSの無限の可能性を応援する新プロジェクト「STOP FOR NOTHING」のテーマ曲。同プロジェクトのアンバサダーを務めたFANTASTICS from EXILE TRIBEが、8th Single「STOP FOR NOTHING」をリリースした。今回は、木村慧人×八木勇征×中島颯太、澤本夏輝×瀬口黎弥×堀夏喜、世界×佐藤大樹による3つのトークをたっぷりお届け。グループごとにいろいろな視点で、曲のことやお互いのことなどをたくさん語っていただきました。FANTASTIC 6の皆さんには舞台『BACK TO THE MEMORIES』について、リーダー世界さん、佐藤さんにはBATTLE OF TOKYOについての熱いお話も…!

木村慧人×八木勇征×中島颯太

――「STOP FOR NOTHING」の聴きどころを教えてください。

八木 今作はクリエーティブディレクターの佐藤可士和さんとEXILE HIROさんによる、未来に向かって夢を追い掛ける子どもたちを応援するプロジェクト「STOP FOR NOTHING」のテーマ曲になっています。歌詞の内容もプロジェクトのコンセプトとマッチしていて、どのフレーズも皆さんの胸に残るようなものになっていると思います。試行錯誤をしながらレコーディングにも臨んだので、プロジェクト含めぜひ全てを好きになってもらいたいです。

木村 僕は、最初のボーカル含めてのダンスと、サビの振りが見どころだと思っています。2番の「タイムラプスのような~」という歌詞に合わせて撮影したシーンは躍動感もありますし、スタイリッシュさもあってすごく見やすい内容になっています。パフォーマーのソロシーンも多いですし、ボーカルも引き立っているので、一人一人に注目して見ていただけたらうれしいです。個人的な見どころを挙げるなら、2番のソロパフォーマンスです。ちゃんと踊りつつ、表情もしっかりとつくっているので、そういった面も見てほしいです。

中島 普段の勇征くんと僕って、1番と2番で同じところを歌うことが多いんですが、今回はそれを変えてみたんです。同じ歌詞でも、1番と2番で違う表情を見せることで、いろんな人の夢にいろんな形があるんだということを表現できるのではないかという事で、今回はそこにも意味を持たせられるようにレコーディングに取り組みました。

――完成したProject Videoを見ていかがでしたか?

八木 今回はプロジェクトビデオというスタイルになっていて、子どもたちのドキュメントシーンや、撮影の裏側なども入っています。僕らが今まで撮ってきたMVとはまた違った新しいものになってると思いますし、やっぱりドキュメントが入ることで「STOP FOR NOTHING」のプロジェクトのコンセプトがしっかり伝わる内容になったと思います。

木村 プロジェクトビデオは衣装が黒白でシンプルですが、撮影のセットには佐藤可士和さんがデザインしてくださったロゴのカラフルさもあったので、すごくマッチしていました。シンプルかつ迫力があって、新しいFANTASTICSを提示できたんじゃないかなと思います。

中島 今回はスタジオで全部撮っているのが僕らとしては新しい試みです。色合いも普段のMVとは違った、可士和さんならではの映像になっていて、LDHとしても珍しい感じのプロジェクトビデオになったんじゃないかなと思っています。あとは、今回ボーカルもしっかり踊らせてもらいました。なんか、緊張感が違いました。

八木 ね。もちろん、これまでのMVでも動いたり振りを合わせたりすることはありましたが、ここまでガッツリなのは初めてだったのでとても緊張しました。レコーディングする時より緊張しちゃいました。映像を撮りながらダンスをする難しさが分かったからこそ、それをいつもやっているパフォーマーの6人のすごさを改めて感じました。

――加えて今回はソロパフォーマンスも多かったということで、さらに大変だったのではないでしょうか。

木村 リリックビデオとプロジェクトビデオを合わせたらソロだけで30回近くは踊っています

八木 相当踊ったよね。本当にすごい。

木村 最初はびっくりしましたけど、すごく楽しかったです。それだけパフォーマンスにも注目していただけたのもうれしかったです!

――そして先日、皆さんはFANTASTIC 6として、「BACK TO THE MEMORIES」にご出演。6人での公演を終えてみていかがでしたか?

八木 タイトな時間の中で、舞台稽古に加えて、今回カバー楽曲を24曲やらせていただきました。振付師の方に作っていただいた楽曲もありますが、ほとんどの楽曲はそれぞれパフォーマーが構成や振りをイチから考えてくれました。時間がない中でもめちゃくちゃ詰まっていたと思いますし、僕たちも24曲全部レコーディングしたこともあって、本当に達成感を感じています。何より、この6人でエンターテインメントを展開できたのがとてもうれしかったです。新しいスタイルができた感じがします。

――八木さんは本作の主人公でもありましたが、そこで感じたことは?

八木 主人公といっても、この作品は一人一人がフューチャーされている舞台だと思っています。それよりも、僕の父親役を大鶴義丹さんが、母親役を田中美奈子さんが、そして叔父さん役を加藤啓さんが演じてくださって、舞台稽古から本番までの姿はすごく勉強になりました。いろんなことを吸収させていただけたことがうれしかったです。この舞台に関わって貴重な経験をさせてもらえたなと感謝しています。

――木村さんはいかがでしたか?

木村 今回はリーダー2人がいないことに緊張や不安もありましたが、いざやってみると6人だけの空気感もすごく新鮮で、それがまた良くて。共演させていただいた大鶴さんと、田中さんと、加藤さんにもすごく優しく接していただきました。

中島 うん、確かに。

八木 そうだね。

木村 とても楽しかったですし、演技面でも勉強させていただきました。

中島 この作品をFANTASTIC 6でやったことで感じたのは、パフォーマンスがあって、クスッと笑うところがあって、「かわいい」って思える瞬間がある舞台をできたことは、LDHとしても珍しい、新たな試みをできたグループだったと思います。6人全員で演技することもそうですし、一人一人が全力で取り組むことでお仕事への自覚や責任感がグッと強くなって、今後のFANTASTICSでの活動にも生きてくるのではないかなと思いました。

――舞台を通して演技への熱は高まりましたか?

八木 一番最初の芝居体験は「FANTASTIC 9」という初めてのホールツアーで行ったサウンドドラマ――お芝居とライブを融合させた新しいエンターテインメントをやらせてもらった時でした。もともと興味はありましたが、お芝居をすることはその時が初めてでした。その後にドラマ「マネキン・ナイト・フィーバー」(日本テレビ系)でFANTASTICS全員が主演としてやらせてもらった時初めて、「八木勇征」以外の人物を演じてみて、お芝居ってすごく深いものなのだと、もっといろんな役をやってみたいという思いを持つようになりました。ホールツアーから始まり、いろんな経験をさせていただけたと思います。

中島 めちゃくちゃ楽しいですよね。まだ僕は自分役しかやっていないですが、もともと“人”が大好きで人間観察をしたりする中で、僕もいろんな人を演じてみたいなというワクワク感が湧いてきました。

――木村さんは以前からずっと俳優のお仕事をやりたいっておっしゃっていましたね。

木村 そうですね! ただ今のところ…女性役が多くて。

中島 ははは! 確かに、もともと「王子様キャラをやりたいです」って言っていて、蓋を開けてみたらね…(笑)。

固定ページ:

1

2 3 4 5 6

関連記事

  1. _31A3178 森且行と佐藤摩弥が確定申告をPR
  2. Adobe Photoshop PDF 「月刊TVfan」10月号 8月24日(土)発売!
  3. 20191114_9952gene_1200 GENERATIONS、祝!紅白初出場決定
  4. _NS_0034_fix 中島裕翔が舞台初主演でストレートプレイに挑戦! 3人芝居の英国ミ…
  5. 200319_AZMGP2_1307 今泉佑唯が四代目を務めた『あずみ~戦国編~』のDVD発売!
  6. 9_IMG_1912 ボイメン水野・田中・小林・本田がファンへ豆まき⁉  映画『ジャン…
  7. A7_00113 「24時間テレビ」を終えた嵐の感謝の気持ち
  8. 銀岩塩メイン “youtube×演劇祭”「銀岩塩ch演劇祭」を開催決定! 銀岩…
PAGE TOP
error: Content is protected !!