ドラマ

“げんじぶ”の小泉光咲「大豆田とわ子と三人の元夫」インタビュー!

蟆乗ウ牙・蜥イ縺輔s邏譚・繧ュ繝」繝・メPh_TVfan_14

絶賛放送中のドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」ではパン店の店員として、GYAO!で配信中のスピンオフドラマ「チェインストーリー 大豆田とわ子を知らない三人の男たち」ではレストラン「オペレッタ」のアルバイト・丸田タカト役として出演中の小泉光咲にインタビュー! 原因は自分にある。のメンバーとしても活動中の小泉が歩み始めた、俳優としての道。ドラマの現場で感じていること、日々高まる芝居への熱など、たっぷりと話を聞いた。

――撮影も順調に進んでいると伺っています。ドラマの現場はいかがですか?

最初に出演が決まった時は「僕で大丈夫かな?」という不安というか…うれしさよりも心配な気持ちが大きかったです。豪華なキャストの皆さんの中に僕が入ってお芝居ができるのかなってずっと思っていました。でも現場で皆さんが優しく接してくれたり、普通に話し掛けてくださったりすることで、リラックスしながら演技ができています。皆さんと話していくうちに緊張も和らいできて、だんだんと心配な気持ちもなくなってきた気がします。

――脚本を読んで感じたことは?

僕の役はセリフを言わずに顔だけで演技するシーンがいくつかあって、最初はかなり難しいなと思いました。これはどうすればいいんだろうって思いました。特にスピンオフの1話の序盤では、皆さんの話を聞いて、僕がどういう表情をするかが大切だったので、最初はとても難しかったです。

――タカトの役作りは難しそうだなという印象から入ったのですね。表情やセリフなど、心掛けていたことは?
スピンオフの方では(松田龍平、角田晃広、岡田将生の)後輩役なので、敬語はもちろんですが、ちょっと初々しい感じのお芝居がいいのかなと思いました。ただ、そういう演技をしたことがなかったので、「これで大丈夫かな?」と思いながら撮影に臨んでいました。

――自分の実年齢と近い役どころという部分で演じやすさもありましたか?

年齢が近かったことで僕自身が先輩と関わったりする時と同じ感じで演技していけばいいのかなと思えたので、そういう意味では分かりやすかったかもしれないです。

 蟆乗ウ牙・蜥イ縺輔s邏譚・Ph1_TVfan_1

――お芝居に関して監督から現場でディレクションされたことや、相談したことはありますか?

最初に僕がリハーサルでやった時のお芝居を見て「もう少し元気な感じで」とか「ピュア感を出して」という言葉を頂きました。そこから全体的にテンションを上げて、演技するようになっていきました。

――タカトとして、このドラマの中でどんな存在でいたいですか?

一番年下なので、ちょっと他の方とは違うかわいらしさがあってもいいのかなと思っています。監督さんが言っていた「ピュアさ」みたいなもので、タカトのかわいさを見せていけたらなと思っています。

――ご自身でドラマを見られていかがでしたか?

緊張していたな〜って(笑)。1話は特に、ずっと不安な気持ちがあったので。それが影響したのか、画面で見る僕もちょっと緊張してるな?って思っちゃって。

――メンバーは見てくれました?

連絡来ました! メンバーみんなが「すげえ!」と言ってくれてうれしかった。テレビ画面を写真に撮って送ってきて、「映ってたよ」みたいな。恥ずかしいからやめて!って思いましたけど(笑)。

蟆乗ウ牙・蜥イ縺輔s邏譚・Ph2_TVfan_2

――役名がタカトということで、ファンの方へのサプライズになりましたね。

そうですね。メンバーにも(大倉)空人(たかと)がいて、しかもドラマへの出演が発表された日は空人の誕生日だったんです。運命感じるじゃん!みたいな。あの日は“たかとDay”でしたね。

――脚本の坂元裕二さんの作品には、メンバーの武藤潤さんも以前参加されていましたね。武藤さんとは何か話をされましたか?

ちょうど昨日しました。「いいな〜。出演者の方々、みんな共演したい人たちだよ」って言われたり、いろいろ話したりした感じですね。

――メンバーと芝居トークをする機会も多いですか?

みんなそれぞれに芝居の個性があると思うので、基本的にはしないです。「待っている時の表情、どうやる?」とか、たまに聞いたりしたこともあったり、全く話さないこともないんですけど…。やっぱり自分で解決していく方が自分のためになるのかなと思ってやっています。

蟆乗ウ牙・蜥イ縺輔s邏譚・Ph3_TVfan_6

――この作品に出演して、芝居に対する思いに変化や再認識したことは?
僕はもともと、演技もダンスも両立させて、どちらも思いっきり100%で頑張っていきたいなと思っていて。今回こうして演技のお仕事を頂けて、これは全力でやるしかないなと思って挑んでいます。演技は楽しいですが、毎回自分の反省点が浮かんできます。やっているときは気付くなかったことが、画面で見た時に“こう見えるんだな”と分かることも多くて。いろんなところに気を付けて頑張っていかなきゃなと思いました。

――豪華なキャスト陣に囲まれての撮影ですが、この人のここがカッコいい、盗みたいなと思った仕草などはありますか?

岡田将生さんが、演技する時に眼力を強く入れてるんです。僕はこれまであまり気にしてなかったんですけど、眼に力が入ることでしっかり気持ちが伝わる感じがするなと思って。すごく勉強になっています。

――岡田さんに話しました?

そこはもう心に秘めて。言ったらずる賢い人になっちゃうかなって思って、無言で盗んでます(笑)。皆さん一人一人、お芝居が違うと思いました。もっとたくさん勉強して練習して、撮影の間に演技がうまくなっていけたらなと思います!

蟆乗ウ牙・蜥イ縺輔s邏譚・Ph4_TVfan_9

――これからどんな俳優になっていきたいですか?

幅広い役を演じられる俳優になりたいです。オールマイティーというか、恋愛系でもホラー系でも、どんなジャンルにも対応できる俳優になれたらなと思っています。

――今、挑んでみたい役どころは?

今の僕の年齢的にも、学生の恋愛モノに挑戦してみたいなと思います。まだやったことがないので、挑むことができれば、きっといい経験になるんじゃないかなと。

――俳優の仕事に加え、グループとしてはワンマンライブに、ライブ配信もあって、パフォーマンスを披露する機会がどんどん増えていますね。

そうですね。今回のワンマンライブは、状況的に来られない方がいて。会場の人数も制限されていたので、ライブを楽しみにしてくれていたのに来られない方がいたんじゃないかなと思うんです。だからこそ、配信が決定したこともそうですが、有観客ならではのライブの雰囲気を配信で見ていただけることがすごくうれしかったです。

――配信向けのライブということで、新たなチャレンジもありましたか?

最初の登場シーンで僕ら全員が仮面をかぶって、その影だけが映る演出とかがあったりして、配信で見ていてもカッコいいしライブっぽさもあったんじゃないかなと思います。ライブの配信をすることが前提にあるからこそ、いつもはないカメラ割りとかもあって。それぞれの見せ場でカメラ目線をしたり、そういうところも見どころになっています。

――ご自身で見直したら、発見があるかもしれないですね。

あるかもしれないです。振り返って、自分のいいところも悪いところも探したいと思います。

――そういう振り返りは普段からしているのですか?

僕、単純に恥ずかしがり屋なのであんまり見返したくはないんですけど、それでも1回は見ないと、と思っています。反省点を見つけないと何も成長しないと思うんです。パフォーマンスも演技も一緒なんですけど、画面に映るとこうなってるんだということが分かるので、もっと良くするためにどうするべきか考えるようにしています。

――実際、今回のドラマの放送を見たことで何か発見はありましたか?

気付いたことはたくさんありますね。自分の悪いところをあんまり見せたくないんです。次見ていただいた時にまた同じだったら恥ずかしいなって思っちゃって、自分自身が恥ずかしくならないように、自信を持って演技できるようになりたいです。

蟆乗ウ牙・蜥イ縺輔s邏譚・Ph5_TVfan_5

――以前、“げんじぶ”メンバーの吉澤要人さんに取材をさせていただいた時、メンバーは吉澤さんにとって“日常”になっているというお話をされていたのですが、小泉さんにとって「げんじぶ」メンバーはどんな存在ですか?

親友とかを越えた大切な存在で、僕の人生の一部だと思っています。本当にとても大きな存在。もちろん友達とかも人生の一部に入っているんですけど、種類が違うというか…。同じ目標に向かって一緒に頑張っているメンバーの存在って、自分の中を占める割合が大きいなって思います。

――どんな時に存在の大きさを感じますか?

自分には分からない、苦手なこととかが一人一人にあるんです。メンバーに苦手な部分があれば僕が教えるし、僕が分からないことがあれば教えてもらうこともある。そうして助け合ってライブやいろんなお仕事に挑戦できているんですよね。最近でいえば、それこそライブのリハーサルをしている時にメンバーの存在の大きさや大切さを感じました。

――そうして共に切磋琢磨していく中で、ご自身がグループに還元していきたいと思うことは?

僕らのグループのコンセプトは、アイドルだけじゃ表しきれないようなパフォーマンスをすること。見ていただく方々にアーティストと認識してもらうためには、さらなるパフォーマンス力が必要だなと感じています。この大切なコンセプトを変えずに“自分はアーティスト”だと自信を持って言えるくらいのパフォーマンス力を身に付けるため、これからも頑張っていきたいです。

――最後に、今回のドラマで初めて小泉さんを知った人にアピールを!

ドラマの僕と普段の僕は、全然違います。すごく自由人といわれていて、僕一人でいると大丈夫かな?と心配されることもあったりもします(笑)。でも“げんじぶ”メンバーといるからこそ、自分の良さを引き立たせてもらえていると思うので、これを機にぜひ「げんじぶ」の小泉光咲という存在を知って、グループの中にいる僕の姿も見ていただけたらうれしいです。

蟆乗ウ牙・蜥イ縺輔s邏譚・Ph6_TVfan_13

こいずみ・こうさく 2003年3月11日生まれ、宮城県出身。7人組ダンス&ボーカルユニットの原因は自分にある。として活躍中。2021年4月2日に初のワンマンライブ「げんじぶ空間:case.1」を開催、5月5日に「犬と猫とミルクにシュガー」を配信リリースした。出演作にYouTube「SSS~Special Short Story~」の第一弾「フィフティー・フィフティー」。本作が地上波ドラマ初出演となる。

固定ページ:

1

2

関連記事

  1. ★08_0011 劇団☆新感線の旗揚げ39周年興行 いのうえ歌舞伎に生田斗真が主演…
  2. オフィシャルカット・DSC06280a 三谷幸喜×香取慎吾の最新作「誰かが、見ている」今秋にAmazon…
  3. RELEASE_lovekome21_KV_c お米を擬人化したRICE on STAGE『ラブ米』最新作を11…
  4. のん様 のん『この世界の片隅に』インタビュー
  5. キメカット★DSC_4364 舞台初共演の黒柳徹子と生田斗真による79歳と19歳の恋物語『ハロ…
  6. 「ギャングース」写真-1 高杉真宙が映画「ギャングース」で窃盗を繰り返す“タタキ稼業”に転…
  7. 橘ケンチ(寄り) 橘ケンチ×木戸泉酒造コラボ日本酒「afs橘」3月1日発売へ
  8. 【スケリグ】ビジュアル画像 浜中文一主演舞台『スケリグ』のオンデマンド配信開始!
PAGE TOP
error: Content is protected !!