ドラマ

今夜最終回!ドラマ「ホームルーム」キャストインタビュー

Ph1

ドラマ「ホームルーム」で主人公の爽やかイケメン教師・愛田凛太郎(通称ラブリン)を演じる山田裕貴と、愛田が愛してやまない女子生徒・桜井幸子を演じる秋田汐梨の対談&ソロインタビューをお届け。いよいよ最終回を迎える本作への思いと、それぞれの役に対する熱い胸の内を明かしてもらった。

山田裕貴×秋田汐梨対談

――教師役を演じた中での思い出は?

山田 僕にとって初めての教師役でした。汐梨ちゃん含め、みんな僕の初めての生徒なんですよ。生徒役の子たちはエキストラの役割もしてくれていて。中にはその日の撮影で一言も発しない子もいたりするんだけど、もともと僕自身がエキストラから始めているから、そういう子たちの気持ちがわかるなっていう瞬間もたくさんあって。授業のシーンでは必ず桜井に振るんですけど、その前に何人か他の生徒に振るんですよね。その時にこの先生愛されているんだなっていう雰囲気をみんなでつくらないとラブリンって完成しないから、みんなに協力してもらいました。思ったようにやっていいからっていうのを生徒全員と話しながらできたので、みんなで作ったなって感じはあります。特に最後の教室のシーンとかは最高だったよね。

秋田 はい!

山田 監督も言ってました、過去イチだって。今まで良かったって思った自分の作品の中でも過去イチって。あのシーンは勝ったって言ってたなぁ。

秋田 言ってましたね。

――秋田さんが山田さん演じるラブリンに感じたことは?

秋田 山田さんが裸になるシーンとかは私の想像しなかったものがたくさんあって、それは感情でお芝居をされていたからなのかなって…私にはよくわからないですけど…(笑)。

山田 私にはよくわからないけど(笑)。ははは! いずれわかる日が来るよ(笑)。裸のシーンに関しては、動きはアドリブですね。セリフはもちろん決まっているけど、その雰囲気に合っている言葉があれば言ってもいいのかなって思っちゃう。セリフになくても。心が動いたから言っている、動いているっていう感じですね。演技でうそをつきたくないんですよ。本物から出る言葉でしゃべりたいなっていうのはいつもどの現場でも思っているので、出ちゃったら言っちゃうし、動いちゃったら動いちゃいます。役が入っているってこういう感じなのかなっていう感覚が、撮影期間中はありましたね。

――演じていく中で、ご自身の気持ちはどう変化していきましたか?

秋田 最初は幸子の気持ちを理解できなくて不安だったんですけど、やっていくうちに自然と理解できるようになっていって。最後には自分から先生に向かって行きたくなっちゃうくらいになっていました。

山田 僕は本当に終盤苦しくなってきて(笑)。最終話は特につらかったです。やっぱりこのお仕事で面白いなって思うのは、自分の人生より心が動いているとわかる瞬間。だから俺この仕事好きなんだなって改めて思いました。撮影中は幸子のことばっかり考えちゃうし、幸子の写真が貼られた部屋にいるとすごく落ち着くんですよ。それって普通は気持ち悪いじゃないですか。でもすごく落ち着くんですよ、不思議なもので(笑)。汐梨ちゃんも本当に素直で理想的な幸子だったからお芝居していてもすごく楽しかったし、最後のシーンとかはもう二人でやりながら、ステキ…!って思っちゃって。

秋田 私がそうなれたのは、本当に山田さんのおかげなんです。撮影の合間でも本当に幸子としていさせてくださったので。幸子の気持ちでいられたのも、全部山田さんのおかげです。

山田 もっと言って(笑)。

秋田 ははは!

山田 話が進んでいくたびに苦しくなっていくんですよね。役に気持ちがリンクしていって。愛を描いている作品の無限のパワーを感じました。最初の方は面白かったかもしれませんけど、最後は泣けると思いますよ。本当に。

秋田 これまで、役に入れているか自分でわからなかったんです。でも今回、幸子になれた瞬間がわかった気がして。自分で大丈夫だったなって思えるシーンがあったので良かったなって。ちょっとだけ自信がついたかなって思います。

Ph2

山田裕貴インタビュー

――ファンの方からすると衝撃的な役だったのかなとは思いつつ、ご自身としては自分にピッタリな役が来たと思われたと。

そうですね。別にびっくりも何もない(笑)。舞台で共演した奈緒ちゃんとかも原作大好きみたいで「えー!山田さんピッタリじゃないですか~!」っていってたりとか(笑)。周りの人たちに本当にピッタリだねって言われたので、僕にそういうところが垣間見えるんでしょうね(笑)。もちろん人の家に忍び込んだり、着替えさせたりとか、したことありませんよ?

――“愛に対する真っすぐさ”は、山田さんと重なる部分が。

そこですよね、やっぱり。

――山田さん自身は好きになったら一直線なタイプですか?

そうですね、他が見えなくなります。好きになるまでが難しいですけど、僕の場合。でも好きになっちゃったらもう、ズドーン!って。

――アプローチするのにラブリンみたいに遠回りはしないですか?

しないですね。先に「好きになっちゃった」って言うかもしれないです。で、そこから判断してもらいます。

――普段SNS等でご自身の存在を知ってもらうためにしていることはありますか?

SNSで発信する時は、ちゃんと文章を書いています! 写真だけでいいねされがちというか。それが嫌だから、ちゃんとその時の自分の思いを書きますね。SNSを真面目にやっていると思います。投稿時間を考えたりとか、統計学的にSNSがどの時間が一番稼働するかとか考えて。それは全て、作品を見てもらうためにやっています。だから自分も統計を取る感覚でやっていますね。この作品だとこういう反応が来るな~とか、このキャラは反応がいいなとか。できれば僕はそういう差をなくしたいと思っていて。全部に対して同じ熱量で応援してくださったらうれしいなって。僕…すごく嫌なんですよ、文章読んでるのかな?って思っちゃうコメントをされるのが。こっちは作品を見てもらいたくて真面目にやっているから、その言葉をしっかり受け取ってほしい。

――以前、役っぽい口調というか書き方で、ツイートされている時もありましたよね。

そうですね。役が出てきちゃったらそういうツイートとかもします。思いついたらその都度やっていますね。

――役が私生活にも出てきたりするタイプですか? オンオフしっかりする方?

わかんなくなります。オンオフってなに?ってなります。幸子の写真が貼ってある部屋ですごく落ち着くとか、それは入り込んでいるっていうことでいいんですかね…? 今回に関して言えば、撮影現場にずっと泊まり込んでいたので、ずっとラブリンだったかもしれないです。いい集中状態でいられました。

――しかも共感が強いからこそ、役とのシンクロ状態がより強かったのでは?

俺だ!って思ってました、もう。俺自身がラブリン(笑)。山田裕貴はあの時はいなかったと思う。色んな点で問題はあるけど、すごく悲しい奴なんですよ、ラブリンは。なんか、演じていてかわいそう過ぎてつらかったです。

――変態性がクローズアップされがちですけど、大事なのはラブリンの境遇や彼の行動の意味を知ることかもしれませんね。

はい。僕はそう言うところを見てほしいなって思います。やっぱり“裸”とか“変態行為”という部分だけがキャッチーに捉えられるのは嫌だな。山田裕貴がこういうことしているから見ようっていう見方はしないでほしい。ストーリーを見たら絶対いい作品だってわかってもらえるから。

――最後に、秋田さんに伝えたかったメッセージを。

本当に汐梨ちゃんでよかったって思っています。お芝居も現場での距離感も含め、本当に幸子として心をかき乱してもらえたので。それはふとした瞬間、先生に対してヤキモチやいてるじゃんって思える一瞬の表情だったりとか。役に入り込んでくれて、すごく有り難かったですね。スタッフさんたちも含め、みんなですごい女優さんになるだろうねって言ってました。もちろん今もすごくステキだけど。すごく素直だし、台本の読み方というか、本当にそのままを出せる子だから。役者としてすげぇなって思います。

Ph3

秋田汐梨インタビュー

――秋田さんは役が私生活にも出るタイプですか?

役に入っているときと入っていないときがよくわからなくて。多分普通に、撮影が終わって撮影現場を離れたら自分に戻ってると思うんですけど。今回は、私生活でもふとしたときにベットの下が気になって、“ベットの下に誰もいないよね!?”ってなっちゃったことはありました(笑)。いるわけないんですけどね(笑)。

――役作りする中で困った時には誰かに相談しますか? 一人で悩むタイプ?

今までは監督と相談することはあっても、共演者の方に相談するって機会があまりなくて。でも今回は、山田さんと富田さんには結構相談していました。山田さんには、不安に思っていることを聞いていただく機会が多かったと思います。富田さんは前回「3年A組」でもご一緒していたので、今回もたくさん引っ張ってもらって。ご飯にも何回かご一緒させてもらって相談して、アドバイスをもらってました。

――親友役ということもあって、より距離感近くできたかもしれませんね。

そうですね。今回かなりグッと縮まった気がします!「3年A組」が終わった時にポストカードにメッセージを書いてくださって。その時の言葉は、常に大事にしています。私が役に入る瞬間がわからないっていう相談をした時に、「役に本当に入ってたなら、役に入る瞬間なんてわかってたまるかって私は思います」って書いてくださって。本当にすごい方です。本当に皆さんに助けていただきました。山田さんもそうですし、富田さんもすごく引っ張ってくださって。撮影以外でも本当に幸子として接してくださったおかげで、幸子でいられました。

――普段SNS等でご自身の存在を知ってもらうために、していることはありますか?

インスタやっているんですけど、ご飯を食べることがすごく好きで。ご飯のストーリーをたくさんあげています。ご飯食べているストーリーだけを集めたハイライトを作っているから、私は多分ご飯を食べているイメージがすごく強いんじゃないかなって思います(笑)。

――山田さんからのリレーメッセージです。本当に秋田さんが幸子で良かった、すごい女優さんになるとおっしゃっていました。

え~! そんなふうに言っていただけてすごくうれしいですけど、そう言っていただいたからには頑張らないとなって思います。本当に山田さんって、私が見ていた時はずっと同じテンションで、本当に周りにもすごく気を配っていて、すごくいい方だったので、相当疲れ溜まってないかなって。大丈夫ですか?って聞きたかったです。けど、本当に大丈夫ですっておっしゃっているんですけど、体調だけは気を遣ってほしいなと思います。あと、私が幸子でいられたのは本当に山田さんのおかげなので。山田さんじゃなかったら本当にどうなってたかなって思います。本当にありがとうございました。心配でいっぱいでしたけど、良かった…。

――最後に視聴者の方へのメッセージをお願いします。

ドラマが始まるまでは見られるのちょっと恥ずかしいなとか、緊張するなって思ってたんですけど、もう早く最終話を見ていただきたい気持ちでいっぱいです。すごくいい作品になっているので、ぜひ見てほしいです。毎話予測不可能な感じなのが魅力ですし、その勢いは最終話まで落ちないですし、ずっと突っ走っている感じです。個人的にオススメしたい回を挙げるなら、10話! 最後の最後、絶対見届けてほしいです。よろしくお願いします!

Ph4

【プロフィール】

やまだ・ゆうき 1990年9月18日生まれ、愛知県出身。

あきた・しおり 2003年3月19日生まれ、京都府出身。

プレゼントポラ

直筆サイン入りポラを各1名様にプレゼント!
・タイトルに「TVfanWEBプレゼント希望 山田裕貴」または、「TVfanWEBプレゼント希望 秋田汐梨」
・本文に住所、氏名、今回のインタビューのご感想、ご意見
を明記の上、4月17日(金)までに、tvfan@mediaboy.co.jpへご応募ください。
※当選者は編集部からの発送をもって代えさせていただきます。

ページ:

1

2

関連記事

  1. 4shot 日テレ系 秋の「カラダWEEK」
  2. 1 白濱亜嵐 ドラマ「小説王」インタビュー
  3. 2-1 稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾 ホンネインタビュー③ 11/2夜9時…
  4. 進化論0508画像 Sexy Zoneが和装で登場「Sexy Zone の進化論」 …
  5. main3 ミュージカル『ダディ・ロング・レッグズ』が井上芳雄と坂本真綾で待…
  6. B_d_Q4A8851 祝!本日デビュー!! BALLISTIK BOYZ from E…
  7. A7_00113 「24時間テレビ」を終えた嵐の感謝の気持ち
  8. __ 舞台『弱虫ペダル』シリーズ最新作が7月に東京・大阪で上演決定!
PAGE TOP
error: Content is protected !!