ニュース

戸塚祥太が舞台「阿呆浪士」でコメディーに初挑戦!

戸塚祥太様アーティスト写真

一作ごとに俳優としての評価が高まっているA.B.C-Zの戸塚祥太が、2020年新春公演の舞台「阿呆浪士(あほうろうし)」に主演することが決まった。つかこうへい作品など数々の舞台で主演を務めてきた戸塚だが、本作が初のコメディー作品挑戦となる。

「阿呆浪士」は、喜劇作家・鈴木聡の代表作。初演は1994年に劇団「ラッパ屋」の公演として青山円形劇場で上演、日本人が愛する赤穂浪士のドラマを“巨大な落語”として喜劇的に描いた大胆な構想が評価され、岸田戯曲賞候補作ともなった作品だ。1998年の再演の折には、稀代の浪曲師・国本武春を迎えて劇場を江戸の歌舞伎小屋に大改造して上演、こちらも大いに話題となった。
そして2020年1月、パルコ・プロデュースとしてこの「阿呆浪士」がよみがえる。本作では、主役の八をはじめ20代、30 代の若い俳優たちを中心に、本作の持つ“青春物語”の側面をフィーチャーしてお届けする。「赤穂浪士」ならぬ「阿呆浪士」で描かれるのは、武士道でもなく意地でもないけれど、友達のためのみならず、他人様のために命をも懸けて闘う“馬鹿な”男たちの生きざまだ。

演出は、現在の演劇界において、真のエンターテインメントを表現できる屈指の演出家・ラサール石井。鈴木聡とは「燃えよ剣」「その男」という2 本のスケールの大きな時代劇でタッグを組み、好評を得た。鈴木聡×ラサール石井により、最上のエンターテインメント時代劇としてお届する。

戸塚翔太が演じるのは主役の八。A.B.C-Z のメンバーとして、バラエティーや映画、舞台などジャンルを問わず活躍、ドラマ「トーキョーエイリアンブラザーズ」や舞台「BACKBEAT」
での好演も記憶に新しい戸塚。笑いたっぷり、涙ちょっぴりのエンターテインメント時代劇でコメディーという本作にどう挑むのか注目される。本当の赤穂浪士の一人、田中貞四郎にふぉ~ゆ~の福田悠太、八が引かれている長屋こまちのお直に南沢奈央、大石内蔵助の娘のすずに乃木坂46の伊東純奈という魅惑の顔ぶれ。さらに、玉川奈々福、竹内都子、小倉久寛と、幅広い世代の個性豊かな出演者が勢ぞろいした。

[戸塚祥太 コメント]
ひょんなことから赤穂浪士になり、討ち入りまでしてしまう阿呆浪士を演じさせていただきます。嘘八百で、酒に女にとだらしがないけれど、どこか愛らしい八という役どころを
骨の髄まで味わい尽くすつもりです! 素晴らしい仲間と粋な座組を作り、2020年の幕開けをステージの上で謳歌したいと思います。

公演は2020年1月8日(水)~24日(金)まで東京・新国立劇場 中劇場にて、1月31日(金)~2月2日(日)まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて。
チケットの一般発売開始は11月16日(土)。

 

 

関連記事

  1. ☆_AN_0990+ Sexy Zone菊池風磨の単独初主演舞台が決定! シェイクスピ…
  2. 19年05月号 「月刊TVfan」5月号 3月23日(土)発売!
  3. DSC02932_ 屋良朝幸主演「THE CIRCUS!」東京公演 幕開け会見
  4. TVファン様 RYO_6049_re 尾野真千子インタビュー「私だったら、思い出を振り返る旅行なんてし…
  5. CROSS30_ TVfan CROSS(テレビファンクロス) Vol.30 4月…
  6. A BOYS AND MEN 「頭の中のフィルム」リリース記念スペシ…
  7. DSC_0112_R 「なぜイエモンの映画でEXILEが?」橘ケンチ絶賛の映画「オトト…
  8. 1279実データリサイズ 水川あさみインタビュー「連続ドラマW ダブル・ファンタジー」今夜…
PAGE TOP
error: Content is protected !!