ドラマ

鈴木拡樹インタビュー「カフカの東京絶望日記」今夜放送スタート!

写真1

「変身」や「審判」を生んだ小説家、フランツ・カフカが2019年の東京で生活し、日々の出来事に傷つき、打ちのめされ、やがては絶望していく姿をコミカルに描いていくドラマ「カフカの東京絶望日記」が9月12日(木)よりMBSドラマ特区で放送開始。

今年4月にYoutubeで1話が配信された本作が地上波で放送されることとなり、主演を務める鈴木拡樹に、カフカを演じることへの思いや、俳優として作品や役に挑む気持ちを聞いた。

――今回カフカを演じるにあたり、どのような役作りをしましたか?

カフカさんが東京に来るっていう設定は僕自身すごく面白いなと思いました。ただ、伝わりやすくするためにカフカも日本語を流暢にしゃべります(笑)。そういう状態で生きているので、果たして彼が国外から来たっていう感覚はちゃんと伝わっているのかなっていうのは不思議なところではあります(笑)。

――このドラマでカフカはどう深掘りされますか?

本作で描いているカフカさんは、彼の作品やお手紙として残っているものなどから、1つ1つのエピソードを作っていっているんです。僕自身、インターネットでカフカさんってどういう人なんだろうって調べた時に出てきた面白エピソードもあって。そういうものが一つ一つのタイトルのキーになっていたりとかするんですよ。僕は彼について事前に調べていたので、演じながら「あ、このエピソードだ!」ってわかって、そういう楽しみ方もできました。調べてみるといろいろわかることもあると思いますので、そういうところも楽しんでもらえたらうれしいですね。

――カフカについてお調べになった中で、ここがすごいなと思った部分は?

これは本編のエピソードには出ていないものなんですけど、安全ヘルメットっていうのはもしかしたらカフカさんが作ったかもしれないというお話があって。何かの工場見学の時に、不安過ぎて軍用のヘルメットを被って行ったらしいんですよ。それがきっかけで、安全ヘルメットを作ったのかもしれないって。今後もしまたカフカを描ける機会があるのだとしたら、個人的にはその安全ヘルメットのエピソードをやってほしいな(笑)。ある意味大発明ですからね。たくさんの人の命を救っていますから。

――視聴者の方も、カフカについて調べながらドラマを見たらより一層楽しめそうですね。

そういう楽しみ方があるなと思います! 今回僕が演じたカフカさんは、実在するカフカさんと比べると、とても誇張したような作り方になっていますが…(笑)。カフカさんの持つエピソードを広げていくっていう作り方をしているので、完璧にカフカさんってああいう人なのかっていうとそうではないんです。彼が書いた手紙を読んでみると、読み手を楽しませようっていうエンターテインメント性を持っている方なのかなって僕は受け取ったんですよ。そういう、自分をさげすむような言い方をして人を楽しませようっていうエンターテインメント性もあったのかなって感じたからこそ、より誇張して広げて、カフカさんのイメージ像を楽しく表現した作りになっています。

――そんなカフカに共感する部分は?

似ている部分は多いと思いますね。さすがに劇中のカフカさんほど人間関係難しくはないですが、すごくわかる部分があったんです。だから広げやすくはありました。ただ、カフカさんの持っているエンターテインメント性を、どういうふうに愛を持って広げていくべきなのかなっていうことはすごく考えました。やっぱりこの作品をお届けする上で大切にしたいのは、皆さんにカフカが絶望する姿を見ていただき、その中で希望を感じる人達がいることを感じてもらいたいんですね。それがコンセプトでもあるので。カフカさんがただ絶望を叫んでいるようにも感じますけど、それをきっかけに人が立ち直る瞬間っていうのをすごく大事に描こうとしていて。そこが一番難しかった点でもありますけど、マイナスなことを言っているものが周りにとってプラスに変わるっていうところは、考えながら演じさせてもらいました。そういう意味では、僕もマイナスな思考も持ってはいるんですけど、どちらかというとプラス思考の方が強いようにも感じて。マイナスなことも前提に考えているけど、プラスにするために動こうっていう。もともとの性格…根がそうなのかもしれないんですけど、何か目標に向かっていることが好きなんです。マイナスなイメージがあったとしても、じゃあそれをどうやってプラスにしようかって考えるタイプの人間ではあります。

――カフカの他にも、強烈なキャラクターがたくさんいる作品ですが、鈴木さんがお気に入りのキャラクターは?

気になるのはアパートの大家・矢場さん。焼き芋の中に毒を入れている噂がありますが、アレは事実なのかどうか…。毎回カフカさんはその焼き芋を渡されてしまうので。気にはなりますよね(笑)。

――1話を見て、食べちゃうんだ!って驚きました。

ははは(笑)。もらってしまったから食べないわけにはいかないか〜と絶望した後に食べるんです。死を覚悟して食べているシーンにも注目ですよ(笑)。

――ちなみに鈴木さんはすぐ絶望してしまうタイプですか?

皆さんもそうでしょうけど、例えばお仕事の面に関してうまくいかなかったらどうしようって考えること自体、僕は絶望だと思いますし。逆に皆さんはそこをどう乗り切っているのかなって気になりますね。舞台とかだと本番が決まっていて、そこに向けてっていう、わかりやすい目標があるのでプラスになりやすいと言いますか。僕はそういう乗り越え方をしていますね。

写真2

――逆に最近希望を抱いた(ハッピーだった)ことはありますか?

やっぱりお仕事を続けていると、共演者とお仕事が一緒になって、再び共演するという機会があるので、そういうハッピーはありましたね。今も舞台の稽古中なんですけど、そこでも以前共演したことのあるキャストとまた再会して、この作品を楽しく作っていこうねってお話ができるのって、やっぱりハッピーですよね。

――この作品の中で、カフカは小説を書こうとしても全然書き進まない状況が描かれています。鈴木さん自身も、お芝居をする上で役を生み出していく苦労を感じることはありますか?

演出家さんとのすり合わせのときに、今自分が想像しているものと求められているものが全く違うんだなってなった時は、苦しくはなりますけど。…そこはやっぱり想像のし直しが必要になりますし。でもそれを楽しんでいるから役者をやっているのかなと思います。なのでカフカさんが本を書ききるのを、純粋に応援したいです(笑)。一応本編の中で少しずつ書き進めてはいるんですよ。…毎回悩んで止まっちゃいますけど(笑)。

――鈴木さんもカフカさんみたいにお部屋でポツン…となってしまう瞬間はあるんですか?

基本的にポツンとしています(笑)。ハハハ。でも、全く意識していないときも多いですね。ただ、ぼーっとしていることがあるというか。そう考えると、カフカさんの方が常に絶望している分、僕より充実しているかもしれない。

――鈴木さんは無になることが多いと。

無が多いですね(笑)。

――無になりつつも、台本を読んだりお芝居をしていく上でのマインドをつくっていくのですか?

そうですね。ずーっとブツブツ頭の中で考えていて、気づいたら無になっている感じかな。あ、ぼーっとしてた…みたいな。

――どういう瞬間に役は形成されていくのですか? 役が降りてくる、みたいな瞬間がある?

僕、ランニングが趣味っていうこともあって、ランニング中に考えたりもするんです。でも、1回ぼーっとなっちゃってリセットして、「あ、ぼーっとしちゃった」ってなると、さかのぼってもう一度、繰り返し頭で考えるじゃないですか。そうすると続きが出てきやすかったりするんです。カフカさんもそういう風に執筆してたんですかね?

――もしかしたら鈴木さんと同じようにして作品を生んでいたかもしれないですね。

ね。本を書く方もいろいろあると思うので、カフカさんはどんな書き方をしていたのかなって、そう考えると気になりますよね。

写真3

――今回のドラマではどんな鈴木さんが見られそうですか?

今回は変わり種もありまして、ただただ絶望しているだけじゃないカフカも実は出てくるんです。カフカで僕を知っていただいた方にも、こういう一面があるんだとか、こういうお芝居もするんだっていうのも知っていただけたらうれしいなと思いますね。僕も10年くらいこのお仕事をやらせていただいていて、いつもうれしいなって思うのは、お仕事を頂く時にこういう役をやらせてみると面白いかもって言って僕に役を振って下さること。それに対して考えるって言うのがすごく楽しく、この10年くらいやってきたんです。

――ご自身がではなく、周りが鈴木さんにどういう役を演じてほしいか、というところなんですね。

そうですね。だから、じゃあ自分でどういう役をやりたいかとか選ぶってなると…。今までそうしてこなかっただけに、自分はどういう役がやりたいんだろうってすごく思うんですよ。そのため、ここ1、2年は、やり慣れている舞台だけではなく映像をやらせていただいたり、声のお仕事もやらせていただいたりしていて。番組の方で少しトークをやらせてもらったり、いろいろなものを経験していく中でそれぞれの楽しさもわかってきました。特に映像の現場で役者として立つにあたって、スタッフさんがやってくれていることとかを理解した上で立ちたいなって思います。…これってちょっと心掛けとしては弱いのかなって感じるかもしれないですけど、僕にとっては大きく成長させてもらっているなと思っていて。1つの作品を作るにあたって、みんなでしっかり協力して作るってどういうことなんだろうということを改めて感じつつ、そういうことがわかる役者になっていきたいなって思いますね。

 

【プロフィール】

すずき・ひろき 1985年6月4日生まれ、大阪府出身。最近の主な出演作に『映画刀剣乱舞―継承―』「最遊記歌劇伝―Darkness―」など。現在、舞台「幽☆遊☆白書」に出演中。身長173cm、血液型AB型。

 

 

「カフカの東京絶望日記」

MBS 9月12日スタート 毎週木曜深0.59〜1.29(初回は1.04~1.34)

テレビ神奈川 9月12日スタート 毎週木曜後11.00〜深0.00

テレ玉 9月18日スタート 毎週水曜後11.30〜深0.00

チバテレ 9月20日スタート 毎週金曜深0.00〜1.00

 

【PRESENT】

プレゼントポラ

鈴木拡樹の直筆サイン入りポラを1名様にプレゼント!

・タイトルに「TVfanWEBプレゼント希望 鈴木拡樹」

・本文に、住所、氏名、今回のインタビューのご感想・ご意見

を明記の上、9月30日(月)までにtvfan@mediaboy.co.jpへご応募ください。

※当選発表は編集部からのメール返信をもって代えさせていただきます。「@mediaboy.co.jp」の受信許可設定を事前にお願いいたします。

©「カフカの東京絶望日記」製作委員会・MBS

 

文・写真/田中莉奈

関連記事

  1. LOGO E.G.family、初のホールツアー開催決定!
  2. EM9A6020 劇団EXILE 鈴木伸之、八木将康「マシュマロキャッチ」でギネス…
  3. 190412「クイーン・エリザベ_ス」製作発表記者会見_S エリザベス一世の半生を大地真央主演で舞台化!彼女を支える役で長野…
  4. IMG_0041小 フジテレビ「〇〇パン」シリーズ復活!「クジパン」7/3スタート
  5. tvfan_告知_2019年05月号_元データ 月刊TVfan(テレビファン)5月号、3月23日発売
  6. 1.IMG_3547 乃木坂46、「お台場みんなの夢大陸2017」で3期生・大園桃子&…
  7. 20170823NW00039 「ヒルナンデス!」新アシスタント、入社2年目アナのコンビに
  8. 1477474278366 俳優生活32年、野村宏伸が静岡・下田で新たな人生探しをスタート
PAGE TOP
error: Content is protected !!