ニュース

「BATTLE OF TOKYO」スペシャルインタビュー第2弾! FANTASTICSよりコメントが到着!

FANTA_バビ_Gr集合v02_crop縮小-1

「Jr.EXILE」世代と呼ばれるGENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BALLISTIK BOYZの4グループ、総勢38人で盛り上げたステージ「BATTLE OF TOKYO(BOT)」が7/4から7日まで幕張メッセで4公演行われ、幕を閉じたばかり。現実世界と別次元のユニバースに存在するパラレルワールドTOKYOで、新たな物語が繰り広げられた。

1.BOT01

4グループの総当たりコラボ曲ももちろん、パフォーマーたちがダンスで魅せる”PERFORMER BATTLE”など見ごたえは十分。ステージを目一杯使って動き回る彼らを見るには、目が足りない! 彼らのエネルギーにただただ圧倒されてしまう。

2.BOT02

最後に全員で「24WORLD」や「AGEHA」「銀河鉄道999」、「Y.M.C.A」と歌い切り、笑顔でステージを後にした。さらに最終日には、来年の「2020 BATTLE OF TOKYO LIVE」開催も発表され、プロジェクトの今後の活動も期待される。

まだ、BOTは始まったばかりだ。

3.BOT03

 

【FANTASTICSへ特別インタビュー:BOTを終えて、思うこと。】

――「BATTLE OF TOKYO」お疲れ様でした! 振り返ってみてどのようなステージでしたか?

佐藤 今回のMV撮影やライブリハが進むにつれて、各グループがお互いに話し合っていくうちに、見えない男同士の絆やチームワークがすごく強まりました。FANTASTICSの話で言うと、本番まであまり皆揃わなくて、なかなか全員でリハーサルができなかったんです。でも本番になるにつれてグループの底力というか、今まで培ってきた何か起きた時にみせる対応力が存分に生かされたライブでした!

世界 リハはしてましたよ…。揃わなかったのはあなたですよ…?

佐藤 ハハハ!

澤本 「(錆色の)アーマ」でしたからね(笑)。

佐藤 舞台があって…すみません!

――「SHOCK THE WORLD」では、世界さんのアクロバットを代わりに木村さんが披露されていましたよね。あれは世界さんのご指名?

世界 いえいえ、違います!

木村 僕がもともと、あそこは世界さんを支えている側だったんです。アクロバットができたっていうのもあって、そこでやろうかなって。

4.BOT4

――ステージを客観的に見て、世界さんの率直な感想をお聞かせください。

世界 最初は出たいなっていう悔しい気持ちもあったんですけど、出られなくなってしまったものはしょうがない。俯瞰で見ることで、Jr.EXILE世代全体の動きがすごく見えて、いいところや改善点などいろんなことに気付かされました。それに、FANTASTICSが他のチームとお互いに刺激し合って、色々な表情も見られました。6日に披露した「Turn Back Time feat. FANTASTICS」の演出では、Jr.EXILE世代のボーカルみんなで歌って、パフォーマーも全員ステージに立っていて、というのは、すごく…特別な日になりました。

――佐野(玲於)さんが地球儀に「世界」と書いた旗をさして登場したり、皆さんが身に着けていた「翔」と書かれたバンダナとTシャツも印象的で、胸が熱くなりました。

世界 地球儀、ありましたね。ふふ。バンダナとTシャツは玲於が作ってくれたものなんです。EXILE TAKAHIROさんが書いてくださった「翔」の字がプリントされていて。

佐藤 本当に直前で、「作ったんだ、間に合った!」って渡してくれて。本当にうれしかったです。

 

【特別コメント:7/6の公演への想い】

5.BOT5

――7月6日にJr.EXILE世代がステージに上がり、パフォーマンスをしたことは、FANTASTICSにとって本当に特別な1日になったと語る。「見えるのは38人でも、心は39人」だと何度も繰り返す、彼らのアツい想いは観客の胸にも痛いほど突き刺さっただろう。あの日を振り返り、どのような想いでステージに上がっていたのか…。最後に、それぞれの率直な想いを届けます。

 

世界  1991年2月21日生まれ、神奈川県出身。

6.世界

僕はその日、怪我をしてしまっていたので、残念ながらステージに上がれなかったんです。それが一番悔しかった。(中尾)翔太と一緒に踊りたかったです。でも僕はステージ裏にいたので、FANTASTICSをはじめ、他の3チームやスタッフさんや色々なサポートをしてくださっている方の顔を見ることができました。「Turn Back Time」が終わって、スタッフさんも泣いていて…。それを見た時に、メンバーもスタッフさんもお客さんも含めて全員の気持ちが翔太に向かっていたんだなと改めて感じました。「Turn Back Time」の映像をTAKAHIROさんが見てくださって、「この曲を作ってよかった」という感想もいただきました。7月6日は、普通なら命日と言うのかもしれないけど、本当に“ファンタスティックな日”になったと思います。ひとりの人間としてとても心に残る1日でした。

 

佐藤大樹 1995年1月25日生まれ、埼玉県出身。

7.佐藤大樹

翔太が天国に旅立った日の1年後にライブがあるっていうこと自体、翔太が惹きつけた何かなのかな。EXILEのライブで「Turn Back Time」をやった時もそうでしたけど、6日に披露した時は今まで味わったことのない感情になりました。翔太が悲しんでいるのではなく、笑っている顔がすごくイメージできて、いい景色をステージから見られました!

 

澤本夏輝 1994年1月19日生まれ、長野県出身。

8.澤本夏輝

ほとんどのメンバーが翔太と関りがあって、思い入れも強いので、Jr.EXILE世代みんなでステージに立てたことがうれしかったです。ひとつのブロックだけ、翔太に向かってパフォーマンスをすることもJr.EXILE世代のステージならでは。実は、数原(龍友)さんが「Turn Back Time」の大サビ前で感極まって歌えなくなってしまったんです。でもそのパートをファンの皆さんが歌ってくださったことが一番感動しました。ファンの人に支えられてあの日のステージはあったと思います。

 

瀬口黎弥 1996年3月11日生まれ、福岡県出身。

9.瀬口黎弥

僕は面白くてすごく楽しかったです! 久々に、「今一緒に翔太といる」っていう楽しい気持ちがすごくわいてきました。寂しさというより翔太が生きていたころと同じように、本当に一緒にいるという感じ。これだけみんなに愛される翔太の人柄の素晴らしさを改めて感じて、リスペクトできる機会になったと思います。とにかく、すっごく楽しかった‼

 

堀夏喜 1997年8月6日生まれ、愛知県出身。

10.堀夏喜

僕は正直、今冷静になって考えると反省点が多いです…。すごいニアミスをしちゃってました。あの日は朝から気が気じゃなかったし、実は本番が始まってもほとんど覚えてないんです。ステージでは気持ちが先行してしまったけど、あの日でしか出せないパフォーマンスになっていたから、それはそれでよかったのかな。ステージ上にいて、あれだけ周りのメンバーから痛いほど想いが伝わってくることは、なかなか経験できないことだと思いました。感動的な1日になりました。

 

木村慧人 1999年8月16日生まれ、東京都出身。

11.木村慧人

Jr.EXILE世代全員が同じ気持ちなんだとステージに立っていて肌で感じました。照明も「Turn Back Time」の時はピンク色だったし、39人でパフォーマンスをしているんだって実感できたことが印象的です。しかもその日の空もピンク色だったそうで、翔太くんが見ているんだなっていうのを、そこでも実感しました。パフォーマンスする時も、「絶対にこの1年で成長した姿を翔太くんに届けよう!」という気持ちでパフォーマンスしました。

 

八木勇征 1997年5月6日生まれ、東京都出身。

12.八木勇征

「STAR OF WISH」で歌わせていただいた時の「Turn Back Time」とは全然違った感覚でした。「Turn Back Time」を全員でやることが決まったのは前日で。後輩のBALLISTIK BOYZも覚えてくれて、一緒に歌ってくれたんです。お客さんの皆さんの反応もそうですし、あの瞬間に、会場の心がひとつになったことをすごく感じました。特別な曲を、特別な日にみんなで歌うことができてめちゃくちゃ幸せでした!

 

中島颯太 1999年8月18日生まれ、大阪府出身。

13.中島颯太

あの日は、本当に特別な日でした。 “翔太くんの日”ということで「OVER DRIVE」から全員気合が入っていました。ステージの都合上、ボーカルは基本的にダンスバトルを見られないんですが、その時はどうしても見たくて勇征くんと2人で早めに行って映像を見ていたんです。パフォーマーの皆さんの想いが本当に強くて、それを見たおかげで僕たちももっと気合が入りました。だからこそ、「Turn Back Time」もより心を込めて歌えたのかもしれません。

 

関連記事

  1. dish_music_artwork_JPlogo (1) 「超回転 寿司ストライカー The Way of Sushido…
  2. IMG_0192-2 May J.がRADIO FISHの新曲にボーカル参加!
  3. 20180404NW00190 新連続ドラマ「正義のセ」 吉高由里子「尽力することが正義!」
  4. 2aEPCE7280_TP1A_O_prep.pdf つばきファクトリー 「月刊テレビファン」未掲載の直筆メッセージを…
  5. 『要博士』取材会写真 要潤が名画の新たな魅力を提示「要博士の異常な映画愛」
  6. IMG_33921 「ジャニーズ銀座2018」製作発表会見 HiHi Jet&東京B…
  7. 鳥人間コンテスト2017 囲み取材画像 WEB使用可 ジャニーズWESTの桐山照史、濵田崇裕、藤井流星が「鳥人間コンテ…
  8. Exif_JPEG_PICTURE 戸塚祥太(A.B.C-Z)、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)らの舞台「BA…
PAGE TOP