ニュース

1993年初演の名作「絢爛とか爛漫とか」が 鈴木裕美・演出、安西慎太郎らの出演で復活!

ロゴあり

飯島早苗・作、鈴木裕美・演出によって1993年に初演され、初演以降もあまたのカンパニーが繰り返し上演してきた舞台「絢爛とか爛漫とか」。昭和の初めを舞台に、4人の若き文士たちの姿を描いた作品。この不朽の名作が、再び鈴木裕美の演出によって復活する。

出演は安西慎太郎、鈴木勝大、川原一馬、加治将樹の4人。

安西慎太郎

安西慎太郎

鈴木勝大

鈴木勝大

川原一馬

川原一馬

加治将樹

加治将樹

 

演出を務める鈴木裕美は「『絢爛とか爛漫とか』の初演は1993年、今はなきシアタートップスという客席数160席程の劇場だった。26年前。なんと、今回の出演者の安西くんが生まれた年。鈴木くん、川原くん、加治くんもほとんど赤ん坊な頃。赤ん坊が青年になる時間の中で、様々な方々がこの戯曲を上演してくださったが、果たして私はどれだけ成長できているのか? 昔と同じような親密な劇場で、今の青年たちとともに、新たに戯曲を読み直していきたいです」

 

【あらすじ】

処女作以降、2作目が書けず悩む新人小説家・古賀(安西慎太郎)の部屋に集う批評家志望のモダンボーイ・泉(鈴木勝大)、自称・耽美小説家の加藤(川原一馬)、非凡な才能を持ち、破天荒で自由に生きる諸岡(加治将樹)。

移り変わる季節のようにゆれうごく夢と才能、理想と現実の葛藤の中で、友情や恋にもがきながら、それぞれの道を探していく。

 

公演は8月20日(水)~9月13日(金)まで、東京・DDD青山クロスシアターにて。料金:7,800円(全席指定/税込)チケット発売中。

 

関連記事

  1. Adobe Photoshop PDF Stage fan Vol.4 1月26日(土)発売!
  2. 「ギャングース」写真-1 高杉真宙が映画「ギャングース」で窃盗を繰り返す“タタキ稼業”に転…
  3. pos_ol 宮崎駿のオリジナル作品「最貧前線」が 内野聖陽、風間俊介、溝端淳…
  4. 01.IMG_1752 A.B.C-Z河合郁人 主演・森昌子の歌声に涙!? 音楽喜劇「の…
  5. 犬神家の一族_囲み取材オフィシャル 新派130年記念舞台「犬神家の一族」が開幕
  6. テニミュ3rd_秋の大運動会KV ミュージカル「テニスの王子様」秋の大運動会 2019 開催決定!…
  7. Exif_JPEG_PICTURE 佐藤アツヒロ主演舞台「hymns(ヒムス)」
  8. HELLO MANDYアー写(ポスター入) ハローメンディー 「2019年サンリオキャラクター大賞コラボ部門…
PAGE TOP