ドラマ

阿久津仁愛インタビュー「俺のスカート、どこ行った?」で連ドラ初出演!

写真C

このドラマでは、古田新太ふんするゲイで女装家の高校教師・原田のぶおが、独特なキャラクターで生徒たちの抱える悩みや不安と向き合っていく。

阿久津が演じるのは、原田が受け持つ2年3組の生徒・光岡慎之介。初めての連続ドラマ出演となる今回、彼が撮影現場で感じたことを聞いた。

――撮影はいかがですか?

撮影はすごく楽しいです。いろんな意味で舞台作品と違うなって思うところがたくさんありました。まず今回は原作となるお話がないのですが、僕はそれも初めてで。お芝居する時にはもうちょっとここで表情とか作り込めたらいいなって思ったり。放送を見ることで、自分のお芝居の癖とかもわかりました。今はいろいろなことを試しながら探り探りでやっています。

——演出面で指導されたことはありますか?

最初は、お芝居はもちろん全部が硬いって言われていて。最初のうちはセリフの順番とかをすごく意識しちゃっていたんです。そのとき、「セリフの順番よりも自分の気持ちで演じてみて」っていう風に言われて。そこで「あ、別にやり過ぎちゃってもいいのかな」って思ったんです。もっと自分の感情で動ければいいなと。周りの方々のお芝居を必死に受け取ろうとして頑張っているんですけど、なかなかうまくいかない部分もありました。そこで自分発信の演技ばかりになってしまうと周囲との関係性の見え方にズレが生じてしまう気もして。必死に人の話聞いて受け取って…っていうことを大切にしていますね。

——そんな中で光岡がメインとなる第3話(5月4日放送)がありました。特別な緊張感やプレッシャーはありましたか?

どうでしょう…。3話の撮影期間が6日くらいしかなくて、怒涛過ぎてあまり覚えていないんです(笑)。長ゼリフもたくさんあって、セリフってどうやって覚えたら良いんだろうとか思ったんですけど。だけど、そういうことよりも光岡の心境で動いていければ良いのかなって思いながら必死に演じました。彼ってこういう子なんだっていうことを、台本を読みながら勉強して、それを信じながら撮影に挑みましたね。

——光岡という役に対しての印象はどうでしたか?

彼は最初のうち学校に行ってなくて。不登校っていうところから、何となく真面目じゃないのかなとか思ってました。でも3話の台本をいただいて、「あれ?光岡めっちゃ良い子じゃん!」って(笑)。不器用で口下手で…というイメージを最初は持っていたのです。でも父親が亡くなっていたりとか、兄妹の面倒を見てて、とかっていう新たな背景を知るたびに、もっともっと真剣に光岡と向き合わないとダメだって思って。クラスのみんなと打ち解けた後に女子グループに入ってご飯食べているのも意外だったし、いまだに台本をいただくたびに新たな発見があります。

——生徒の皆さんとの関係でいうと、どのあたりで打ち解けることができましたか?

光岡は学校に来ていなかったので、僕は1、2話の撮影に参加していなかったんです。校門に来るシーンだけ撮って、後は放送を見るっていう感じだったので、「俺本当にこのドラマに出てるのかな?」って思っちゃったり(笑)。放送で教室のシーンとかを見て、こんな感じなんだなって確認したりしました。最初のうちは自分のターンが来たらちゃんとできるかなとか、結構ドキドキが多かったです。でも3話の撮影が始まって、教室に入ったらクラス一緒にワイワイできて。みんなの輪にすぐ入れたのでホッとしました。学校来て良かった〜! って思いました(笑)。

——学校に来て良かったという気持ちになったのは、阿久津さん自身と光岡に重なる部分があったのですか?

そうですね。久しぶりに学校へ来て、みんなに謝るシーンを初日に撮影したので。途中参加である自分自身の気まずさみたいなものと役の気まずさがリンクしてて、めっちゃ演じやすかったです(笑)。

——担任役の古田さんとの思い出はありますか?

「よろチクビ!」ってやつがヤバかったです! もう、なんか…(笑いが止まらない)。撮影中アドリブもかなり多くて、それなのにアドリブじゃないみたいに仕上がってて。どうにか対応していかなきゃって思いました。3話でお家に先生が来るシーンがあるんですけど、古田さんと初めてお芝居をしたのがあのシーンでしたね。

――この先の展開で楽しみにしていることはありますか?

3話で深読みしていた人は分かると思うんですけど、僕、原田先生のイヤリングを拾っているんですよね。そこが後半どう描かれるのかなっていうのは楽しみです。

――拾うシーンが伏線に?

はい。拾ってそれをポケットにしまって、また帰り道に手に取って見ているところがあるんですけど。気づいている人いるのかな? 結構流れちゃっているのかなって。あの時はただ原田先生に返すか返さないか迷っているくらいの感じに見えたんですけど、でも実はそこにワケがあるので。今後どうなるのか、僕も楽しみです!

——そんなドラマ終盤に向けての意気込みを教えてください。

最後まで光岡として、キャラがブレないようにしたいですね。キャラクターにこういう背景があるっていうことをもう一度自分の中で理解して。そしてまた新しい展開とかがあると思うので、それを楽しみにしつつ色々吸収していけたらなって思います。

写真B

――そしてドラマの撮影が終わったらすぐにミュージカル『テニスの王子様』の公演が控えていますね。すぐに舞台モードへの切り替えはできそうですか?

できます! テニスに関してはもう3年近くやっているので、多分…いや絶対、当然大丈夫です(笑)!

——『テニス~』の仲間たちから、今回のドラマ出演について反響はありましたか?

それがもうすごかったです! 「お前すごいな!」みたいな(笑)。「良かったよ」って言ってくれる人もたくさんいて。「ずりぃな~!」とか、「俺もいつか出るからな!」っていう反応が多かったですね。そこで、お互い頑張ろうなっていう話をしました。

——『テニス~』で共演されている井坂郁巳さんも、同じクールのドラマ「あなたの番です」に出演されていらっしゃいますよね。お互いにエールを送ったりしましたか?

しましたね。ドラマが決まって一緒にワークショップも受けていたので。そこで台本の見方や、結構基本的なものを一緒に勉強したので。「台本見るの楽しいね」っていう会話をしました。

——先日初めてのファンイベントも開催されて、どんどん新しいことに挑戦されていますね。

はい(照)。ソロイベントをやらせていただきました。「にちかの絵日記」っていうめちゃくちゃ可愛いタイトルなんですけど(笑)。MCがいないイベントっていうのも初めてで正直めっちゃ怖かったんです。でもファンの人たちがみんな優しくて。皆さんが僕のマイペースについてきてくれました。

写真D

——以前からのファンの皆さんももちろんですが、阿久津さんをこのドラマで知ってファンになった方もたくさんいらっしゃると思います。これからどんな阿久津さんを見せていきたいですか?

僕自身はいつも飾らず自然体をお届けしているつもりなので、それはこれまで通りに。そして、もうちょっとファンの人との距離を縮めて、もっと自分のことを知っていただけたらうれしいです。

——最近阿久津さんを知った方へご自身をアピールしてください!

僕はタピオカが大好きな人です! あとは…どんな人だろう。向上心は誰にも負けないと思います!

――タピオカからの振り幅がすごいですね(笑)。

ですね(笑)。真面目なこともするし、ふざけたこともできる人間になれるように日々努力しますので、見ていてほしいです!

——今後挑んでみたい役柄はありますか?

サイコパス系かな。僕、絶対無理じゃないですか(笑)。こういう外見だからこそ、中身がサイコパスだとより怖いのかなとか。あと、やっぱり学園モノはいいですね。今回もですけど、制服が着られるのはいいなと思いました。あとは、女の子役とか。どうですかね?

——似合うと思います!

(可愛いポーズを取って)。…しゃべらないでそこにいるだけならアリかなって思います(笑)。

写真E

あくつ・にちか 12月23日生まれ、栃木県出身。ミュージカル「テニスの王子様」3rdシーズン 全国大会 青学vs立海 -前編-の公演が7月に控える。身長165cm、血液型O型。

 

【放送情報】

「俺のスカート、どこ行った?」

日本テレビ系 毎週土曜 後10.00~10.54

 

写真・文/田中莉奈

関連記事

  1. のん様 のん『この世界の片隅に』インタビュー
  2. (1)_A7F6750 山本亮太(宇宙Six/ジャニーズJr.)の単独初主演作が上演!
  3. 「ドン・ジュアン』PH 藤ヶ谷太輔がミュージカルに初主演!スペイン貴族のプレイボーイに挑…
  4. 「刑事7人」2017ロゴ 東山紀之主演ドラマ「刑事7人」第3シリーズが7月スタート
  5. dish_music_artwork_JPlogo (1) 「超回転 寿司ストライカー The Way of Sushido…
  6. senden photo 江田剛(宇宙Six/ジャニーズJr.)初の単独主演作は SHY …
  7. 写真1 「イケメンDREAMあかでみぃ」番外編① 第2回はael-アエル…
  8. kasaitomomi_12men_card 河西智美インタビュー① 1stアルバム「STAR-T!」11月1…
PAGE TOP