ニュース

宇宙Sixの山本亮太・原嘉孝 W主演舞台「桃山ビート・トライブ」花園神社で会見

Exif_JPEG_PICTURE

舞台「桃山ビート・トライブ~再び、傾かん~」の制作発表会見が、5月10日に東京・花園神社で行われ、W主演の山本亮太(宇宙Six / ジャニーズJr.)と原嘉孝(宇宙Six / ジャニーズJr.)らキャストが集まった。
 
天野純希の同名小説を原作とした舞台「桃山ビート・トライブ」は、安土桃山時代を舞台に、4人の若者が音楽を武器に権力に立ち向かう姿を描く。初演に続き、脚本を金沢知樹、演出・脚色を大関真が担当。初演から続投する山本と、新キャストの原がW主演を務める。
 
制作発表では、花園神社の拝殿前にて山本、原、Elina、副島淳が和装姿でパフォーマンスを披露。パフォーマンス後に行われた取材会には、山本、原、Elina、副島に加え、冨岡健翔(MADE / ジャニーズ Jr.)、星野真里、山崎樹範も加わり、それぞれ意気込みを。
 
山本は「前回の作品を観ていただいて、すごくよかったとか、さらにパワーアップした『桃山ビート・トライブ』を見たいというお客様も多い中で、前作以上に力を合わせて頑張りたい。その期待に応える以上のことが使命だと思っています」と決意表明。自身が演じる三味線弾きの藤次郎を「三味線の音で芸の歴史を変えてやるという思いで、一座を組んで豊臣秀吉と戦っていく役です」と紹介した。
 
今回の再演から参加する原は、笛奏者の小平太を演じる。同じ役を初演では宇宙Six(ジャニーズJr.)の目黒蓮が演じたことに触れ、「すでに出来上がっているカンパニーに入るのはプレッシャーもありますが、僕が入ることで作品にとってもいい刺激になったりだとか、いい意味でぶち壊していきたい」と語った。
 
舞台版でのオリジナルキャラクター平信を演じる冨岡は「初演のあと、本格的に日本舞踊の流派に入門させていただいたので、再演で新しい平信をお見せできれば」と意気込む。
 
最後に山本は「200パーセントのパフォーマンスを見せられる自信があります。ぜひお楽しみに!」とファンにメッセージを送り、原は「僕らの黒髪が見られる貴重な機会です。歴史が苦手な方でも楽しめて、いろんな世代に愛される作品だと思います。ぜひ会場に足を運んでいただけたら」と取材を締めくくった。
 
<日程・場所>
京都公演  2019年6月14日(金)~6月16日(日)京都劇場
東京公演  2019年6月21日(金)~7月1日(月)EXシアター六本木

関連記事

  1. 2-1 稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾 ホンネインタビュー③ 11/2夜9時…
  2.  (前列左から)橋本良亮、堤真一、斉藤由貴、シム・ウンギョン 
(後列左から)ウィル・タケット、外山誠二、小手伸也 ステージ上に35人のオーケストラを従えて 堤真一と橋本良亮が迫真…
  3. NAGOYA_1_M1_1 SKE48シングル「意外にマンゴー」リリース記念ライブが名古屋・…
  4. DSC02895_ 浜中文一主演舞台「THE BLANK!」囲み取材・公開ゲネプロ
  5. 1497実データ 内野聖陽インタビュー「母なる大地のような心で、シロさんを包み込み…
  6. 20181012_0352 クラシコ特番出演の薮宏太「クラシコは全試合覚えてるから全く結果が…
  7. 18年11月号表紙 「月刊TVfan」11月号 9月22日(土)発売!
  8. 里見八犬伝_組写真 スペクタクル時代劇「里見八犬伝」が若手人気俳優が集結して4度目の…
PAGE TOP
error: Content is protected !!