ニュース

ダンスボーカルグループ「CHERRSEE」涙のインタビュー!HIKARU LAST LIVE3月24日開催へ

Acrs051

現在発売中のTVfan4月号に初登場した6人組ダンスボーカルグループCHERRSEE。その楽曲を作っているのはMOMOLAND、GFRIENDなどに楽曲を提供する韓国のプロデューサー「DUBLE KICK」。K-POPとJ-POPが融合した楽曲でファンを魅了する。

実は取材をした日は、メンバーのHIKARUの卒業が発表された翌日。発表後にメンバー全員が集う初の場だった。取材ではCHERRSEEのことに加え、HIKARUの卒業に対して思いの丈を語った6人。誌面では紹介しきれなかったインタビューを今回は紹介する。

卒業の報告を最初にメンバーにしたというHIKARUだが「メンバーの前で思いを話すのは初めてなんです!変な汗かいてきた(笑)」と緊張気味に語り始めた。「今こうして出会えたファンの皆さんやメンバーたちとこの先も一緒にこの世界で頑張りたいと思った時、グループに残るか、他で頑張るかの選択肢ですごく悩みました。ですが、芸能界をやめようと思ったことは1度もなくて、ファンの皆さんの近くで活躍していたいという思いから出した結論です」というHIKARU。続けて「私がリーダーだった時は、正直気が抜けなくて。たとえば休みの日に地元の関西に帰省しようと思っても、もし自分が居ないときにチームに何かあったらどうしようと躊躇してしまうくらい自分を客観的に見れなくなっていました。でも今NENEがリーダーをやってくれて自分を見る機会が増え、このグループを離れてもCHERRSEEは大丈夫だと思えるようになったんです」とファンやメンバーに対する思いを丁寧に話した。

そんなHIKARUの話をじっと聞いていた5人。リーダーのNENEが「5月にある3周年記念ライブを一緒に迎えられないのは正直すごく寂しいですし、ファンも私たちも残念です。ですが、HIKARUさんがちゃんと自分の道を歩み出す中で、私たちもちゃんと進んでいかなきゃいけないと改めて感じたので、一緒に進んでいけたらと思っています」と頼もしく答えた。するとHIKARUとNENEの言葉に、一気に感情があふれ出したメンバーたち。MIYUが「…涙こらえるの無理かもしれない」と涙を浮かべると、それまでずっと目をつぶっていたAIRIも必死に堪えていた大粒の涙が溢れ出た。4人が涙ながらに語ったコメントは以下の通り。

MIYU 居てくれるのが当たり前の存在だったので、深く考えれば考えるほどまだ考えたくないっていう気持ちもあります。でもCHERRSEEも足を止めたくないなっていう気持ちもあって。卒業までは6人のCHERRSEEを大切に頑張りたいなという思いです。

AIRI (涙をためて声が出ない)…でもHIKARUさんが決めたことは応援したいので、ずっと応援しています。

YUMA 卒業が発表された今も、HIKARUさんが居ないCHERRSEEを想像できないです。パフォーマンスの時にHIIKARUさんと顔を合わせて笑うことができなくなるのを考えただけでも寂しいし、嫌だという気持ちも正直あります。でもHIKARUさんの人生だから、無理に止めることも出来ないですし、本人もたくさん考えたと思うので応援したいです。

LENA 最初聞いた時はとてもショックでした。電話をかけて「本当ですか?一緒に頑張ろう」ってずっと話しました。私にとってHIKARUさんはお母さんのようで、正直に言ったら、これからもっといろんなことを一緒にやりたかったです。でもHIKARUさんには夢があるから、私も理解しています。

最後にHIKARUは「卒業の話が現実的になってきて、初めてCHERRSEEを何のフィルターも通さずに見ることができました。CHERRSEEって、どこに行っても自慢できる曲やダンスそしてメンバーがいるから、このグループでダンスボーカルができて、私は本当に恵まれていたなと思えました」と満面の笑みを浮かべて話してくれた。HIKARUのラストライブはいよいよ今週末。次なる歩みを進めていく決意を胸に、HIKARUそしてCHERRSEEは最後の日まで6人で走り切る。

<LIVE INFORMATION>

HIKARU LAST LIVE

3月24日(日)

大塚Hearts Next

https://bit.ly/2UEGLga
CHERRSEE 3周年記念公演

5月25日(土)

duo MUSIC EXCHANGE

https://bit.ly/2ll7EGc

 

 

関連記事

  1. ポンコツ武将列伝_メインビジュアル 「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」初のスピンオフ舞台にジャ…
  2. 嵐IMG_2874_1500 嵐5人それぞれロケ取材へ! NHKの東京五輪関連特番「2020ス…
  3. 18年11月号表紙 「月刊TVfan」11月号 9月22日(土)発売!
  4. 1 「科捜研の女」キャストが夏の六本木を大捜索!? 科捜研の女×サマ…
  5. 薄桜鬼メイン ミュージカル『薄桜鬼 真改』相馬主計篇が全公演中止 公演の模様を…
  6. _CH35472 1970年代の人気のテレビアニメを舞台化した LIVEミュージカ…
  7. 1 「ハイキュー!!」秋の新作公演で ついに「新生烏野」が飛翔する!…
  8. STU.Still031 STU48 初のオリジナル楽曲「瀬戸内の声」 瀬戸内7県の魅力満…
PAGE TOP
error: Content is protected !!