ニュース

劇団☆新感線の旗揚げ39周年興行 いのうえ歌舞伎に生田斗真が主演!

★08_0011

生田斗真が主演を務める、2019年劇団☆新感線39周年興行・春公演となる、いのうえ歌舞伎「偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)」の製作発表会見が11月26日に行われた。本作は、劇団☆新感線の3年ぶりの本公演。劇団旗揚げ39周年ということで“サンキュー興行”と銘打った第一弾だ。また、2016年の「乱鶯」以来の、いのうえ歌舞伎の新作で、中島かずきが脚本、いのうえひでのりが演出を手掛ける。中島がモチーフとして選んだのは“奥州三代”と“義経黄金伝説”。源義経が実際に奥州に匿われていたという史実をスタートラインに、奥州三代の盛衰の行方も絡めて、アッと驚く展開が繰り広げられる。公演は、2019年3月の大阪公演を皮切りに金沢、松本と回る地方公演だ。

会見には、いのうえ、中島と、主演の生田斗真を始め、りょう、中山優馬、藤原さくら、粟根まこと、山内圭哉、早乙女友貴、橋本じゅん、三宅弘城、橋本さとしらメインキャストが揃って登壇した。

劇団☆新感線は、昨年春から今年の大晦日まで約2年間、客席が360°回転するアジア初の劇場・IHIステージアラウンド東京でのロングラン公演を敢行中。

本作について、いのうえは「久しぶりの普通の劇場。回ることを考えなくていいのはすごく新鮮。でも場面が多く、展開をどう見せるかです。内容的にはザ・新感線というファンタジー。斗真には新感線の舞台に何度か出てもらっているけど、いのうえ歌舞伎は初登場なので、思いっきり暴れていただきたい。それを支えるメンバーも、今まで新感線を経験してきたほぼ準劇団員と呼ばれている、心強いメンバーが多い。藤原さんと優馬くんのフレッシュな2人の登場も楽しみにしています。内容的には“チャンバラ版アベンジャー”というか、いろんなことが怒涛のように展開していきます。回らない劇場でやるので、お楽しみに(笑)!」。

新感線の舞台への出演は今回で4回目で、主人公・偽義経(奥華玄久郎国衡)役の生田は、「2年前に『Vamp Bamoo Burn~ヴァン!バン!バーン!~』に出て、その時にいのうえさんから『次は斗真で歌舞伎をやりたい。斗真のために考えている企画があるから一緒にやらないか』と言われたところから、この企画がスタートしました。いのうえさんが2年間客席をぐるぐる回していた新感線の皆さんと、今度は自らが地方都市をぐるぐる回るというのが非常におもしろいなと思って、今からワクワクしています。今回は新感線39周年興行、サンキュー興行ということなので、僕も地方の皆様にたくさんのサンキューを届けたいと思っています。優馬とはこれまでそんなに共演経験ないですし、同じ会社?(笑)にいながら、こういう機会がなかったので、一緒に芝居ができてうれしいです」。

奥華の当主・奥華秀衡の妻で、優馬演じる次郎の母でもある巫女長(みこおさ)の黄泉津(よもつ)の方役のりょうは「昨年、ぐるぐる回っていた頃…が初めての新感線の舞台だったのですが、その頃からまたすぐに出させてもらいたいと思っていて、『チャンスがあればよろしく』とアピールしていました。こんなに早く実現出来てうれしく、ありがたく思っています。いのうえ歌舞伎は殺陣とアクション満載の、役者にとって体力勝負の作品になりますが、体力に関しては『髑髏城の七人』で証明出来たと思うので、2020年の東京公演まで自身の体力を持って、楽しんで作品を届けたいです」。

玄久郎国衡の弟・奥華次郎泰衡役の中山は「初めて参加させていただきます。こんな素晴らしいキャストの皆様とご一緒させていただき、ありがたく、そして少し緊張もしています。斗真くんの弟を演じさせていただきますが、自分に兄がいないので、兄ができたみたいでうれしく思います」。

静歌(しずか)という大陸渡りの歌うたいの役で初舞台を踏む、シンガーソングライターの藤原さくらは「初めて新感線という大きな舞台のオファーをいただいて、自分に出来るのか?と最初は不安に思ったこともあったのですが、今まで新感線の舞台をずっと客として観てきているので、その舞台に自分が立てることを幸せに思います。今までに出演した友達から、皆さんよく酒を飲むと聞いていましたので、負けずにくらいついていこうと思います(笑)」。

会見は、現在ロングラン公演中の回る舞台の話題などで大いに盛り上がり、随所に笑いや拍手が起こる中で進行。会見の終盤には、生田が改めて本作の見どころをこう語った。「いのうえ歌舞伎の一番の魅力は立ち回りだと思います。それに向けての稽古やトレーニングを今から始めているところです。それとタイトルにもありますが、“冥界歌”の歌! …歌もあるのかな? あるかもね~?と思っていただけたらいいと思います(笑)。さくらちゃんのような歌ウマ要員も用意してありますので、楽しみにしていただきたいです」。

公演は、2019年3月8日~21日まで大阪・フェスティバルホール、4月2日~7日まで金沢・金沢歌劇座、4月18日~21日まで松本・まつもと市民芸術館。さらに2020年2月に東京・赤坂ACTシアター、4月に福岡・博多座で上演の予定。

写真◎田中亜紀

 

関連記事

  1. 嵐IMG_2874_1500 嵐5人それぞれロケ取材へ! NHKの東京五輪関連特番「2020ス…
  2. cross29 TVfan CROSS(テレビファンクロス) Vol.29が1月…
  3. 170428_nagareboshi_manekin_challenge_IMG_1100 流れ星が渋谷で428秒間のマネキンチャレンジ!
  4. DSC_0672 ギョーザ大好き俳優・松重豊がロシアで出合った“幻のギョーザ”とは…
  5. 2-1 稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾 ホンネインタビュー③ 11/2夜9時…
  6. 高橋一生10変化メイン-1 高橋一生、10変化のTVCMが話題!プレゼントキャンペーン本日ス…
  7. ★★OK_ATA05105-1 ビートルズの創世記を描く「BACKBEAT」の製作発表で 戸塚祥…
  8. オイディプス組み 市川海老蔵×黒木瞳×森山未來で新生「オイディプス」が誕生!
PAGE TOP
error: Content is protected !!