ドラマ

妻夫木聡、竹内結子、 新井浩文、芳根京子が舞台あいさつ「連続ドラマW イノセント・デイズ」

WOWOW「連続ドラマW イノセント・デイズ」完成披露試写会&舞台挨拶 写真_S

WOWOWで3月18日にスタートする「連続ドラマW イノセント・デイズ」の第1話完成披露試写会と舞台あいさつが行われ、出演の妻夫木聡、竹内結子、新井浩文、芳根京子、石川慶監督、原作者の早見和真が登壇した。

同作は元交際相手のアパートに火を放ち、妻子を死なせたとして死刑が確定した幸乃(竹内結子)の無罪を信じる幼なじみの慎一(妻夫木)らが真実を求めて奔走する姿を描く。原作は、妻夫木主演で2014年に映画化された「ぼくたちの家族」などで知られる早見のヒューマンミステリーだ。

実はこの企画、妻夫木が早見に「僕に原作を預けてくれませんか」と直接電話したことから動きだしたという。妻夫木は「ついにできた。始まるんだなという気持ちです。うれしい」と第一声。「本当に形になったんだな。もちろん、願っていたから電話をしたわけですけれども、夢みたいで、実感できない」と続けた。「本を読んだ時にすごく面白いなと思ったんですけれども、(先に)映画の企画が動いていて頓挫したと聞きました。ドラマでじっくりやったほうがいいと思ったので、すぐに電話しました。ハイエナみたいに横取りした感じですかね」と吐露すると、早見も「妻夫木さんから電話来ないかなと思っていました」と返し、登壇者から笑顔がこぼれた。

ドラマ化にあたって、妻夫木は主演映画『愚行録』でタッグを組んだ石川監督を指名。「石川さんの繊細な演出であれば、さらに(原作から)深みを増すのではないかと思った」と妻夫木。ドラマ初挑戦の石川監督は「クランクイン前に話をさせて頂いた時に、(妻夫木は)ドラマとか映画とかこだわらずに、僕のやり方で、と言ってくれた。1話より2話、2話より3話と面白くなってきている。これがドラマのいいところかなと思っています」と手応えを口にした。

ヒロイン、幸乃役の竹内は「幸乃の印象がどんどん変わっていくんです。私も幸乃の気持ちが分からないことがあった。自分が黙って、(死刑執行を)迎えれば、全て収まる。それが使命のように思っていたんですけれども、独房で手紙が届く中、心が揺さぶられていく。生に対する執着があるんじゃないかと思った。妻夫木さんがハイエナのように企画を取ってきてくれたのでこの場に立てた。ありがとう」とコメント。

一方、妻夫木は「竹内さんが出てくれると聞いた時はうれしかった。『勝ったな』という気持ちで、どこか完成したような心の持ちようでした。尊敬しています」というと、竹内は「終わってからプレッシャーをかけるのはやめてね!」と。妻夫木がさらに「幸乃とは心で通じ合えている。そういうところでも助けられました」と褒め称えると、竹内は「最上級の褒め言葉だけども、撮影前に言われたら最上級のプレッシャーだよ」と笑いをさそった。20代から共演してきた実力派の2人は息ピッタリだ。

同じく幸乃の幼なじみで弁護士の翔役の新井は、妻夫木との共演が俳優の中でも最多数を達成。「ついに塩見三省さんを抜いて10本目です。ブッキーとは仲いい役でも悪い役でも関係ない、ひたすらやりやすい。で、現場が楽しい。いつもそうなんですけれども、台本、監督ありきで役を選んでいる。今回も、石川さんの言う通りにやった。いいと思ったのなら、石川さんのおかげ。悪いと思ったなら、石川さんのせいです。石川さんは久しぶりに演出を細かくできる監督でした」と冗談を交えながらも、手応えを感じている様子だ。

幸乃を監視しながら、職務と私人としての気持ちで揺れる新米刑務官・瞳を演じた芳根京子は「豪華キャストで緊張しました。終わってホッとしたんですけれども、また(舞台に立って、)緊張しています」と初々しくあいさつ。「監督からは『瞳という役は、ドラマの世界観と視聴者をつなぐ役』と言われたので、フラットな気持ちでいないといけないと思って役に臨みました」。現場では「ものすごく緊張して、一日中緊張で胃が痛かったです」。竹内は「(芳根の)第一印象は、真面目な人。『緊張するの?』と言ったら、語尾が小さくなった。やさしくしなきゃ!と思った」。芳根が「日々救われました。本当に優しくて、(今も)泣きそうなんです」と言うと、竹内は「やめて、泣かないで。今泣いたら私のせいになってしまうから(笑)」と。

早見は「1話が良過ぎて、2話まで一気に見ました。妻夫木さん、監督に『すごいのを見た!』とメッセージを送ったくらい。むしろ、みなさんの感想を聞きたいです」と大絶賛。一方、妻夫木は「どの作品もそうなんですけれども、反省点ばかりが目についてしまうんです。ネガティブな言葉を返信したら、(早見からは)『(そういう言葉は)もうやめません?』と言われました(笑)」と明かした。

最後に、妻夫木は「キャスト、スタッフ一人一人が心を込めて、続きを楽しみにしていた昔のような連続ドラマを見たいという気持ちで作りました。登場人物それぞれの輪郭が次第にはっきりして、“生きることは何か”という深いところを考えてもらえるドラマになっています。10人くらいに『面白いらしい』と宣伝してください」と観客に力を込めてアピールした。

WOWOW「連続ドラマW イノセント・デイズ」は3月18日、WOWOWプライムにて放送スタート。毎週日曜後10.00、第1話無料放送。

関連記事

  1. M911 SKE48研究生「青春ガールズ」初日公演レポート
  2. 1E6A1201_re1 SKE48 愛知県知事を表敬訪問
  3. Exif_JPEG_PICTURE 嵐・松本潤 そっくりチョコレート像と対面、点数は「99.9」
  4. event_3 中川翔子が絶叫!「ウォーキング・デッドVR」
  5. TWD8cckeyart-1 「ウォーキング・デッド」シーズン8、dTVのFOXチャンネルで日…
  6. RAMPAGE-1 「週刊EXILE」 デビュー間近のTHE RAMPAGE に迫る…
  7. 20170116NW000811 「視覚探偵 日暮旅人」新宿に巨大ポスター出現! その名も“視覚実…
  8. 1.ss_studio03 10月16日スタート「恋神(コイカミ)アプリ」 恋の行方を見守る…
PAGE TOP